4/23 凡庸な逆回転その二十八~ぜんぶネジ~@池袋手刀

凡庸な逆回転その二十八~ぜんぶネジ~
2009年4月23日(木) 池袋手刀
19:45/20:15 \3,500

ぜんぶネジ行ってきました。

e+の先行で落ちたんで必死こいてZeal店頭売りに朝から並んでチケ取ったとゆー。

チケット関係でここまで必死になったの久しぶりだったなー。

で、当日行ってみたら「この行列が全部手刀に入るのかと思うとゾッとする!」

ってぐらいの行列が手刀前に(笑)。

なんつーか、それが全員中に入ったフロアーは暑かったです、すごく(笑)。

たぶんe+160ぐらいのZEAL70ぐらい出てたと思うから、230人以上居たんじゃないかなー。

私の居た場所では押しは無かったものの、すし詰め状態でした。

(すし詰め状態ならいっそ押しがあったほうが楽なのにな…)

定刻から15分押しぐらいでThe Cureの「LULLUBY」をSEに開演。

【セトリ】

全然順番とか覚えてないのですが、

ネジ太朗曰く今までのほぼ全レパートリー+新レパートリー2曲。

新しい曲は「桃色吐息」と「ワインレッドの心」。

2部構成で第一部→第二部→アンコール→ダブルアンコール、という流れでした。

【衣装・機材など】

よく見えなかった!

手刀ステージ低過ぎ!

ステージが客席より一段低くなってるんじゃないかって錯覚するぐらい!

ネジ太朗はいつも通りのタンクトップ+胸あきトップスの重ね着、

ヒロさんは黒っぽいVネックのトップス、トホル様は白シャツ、

リュウジさんはまったく見えませんでした…。

ネジ太朗のギターはサンバーストのジャズマスに白いストラップ、

マイクの調子が悪かったのか、途中で取り換えてました。

ヒロさんは当日のBlogに書いてた「ヤバいギター」。

どんなギターが出てくるのか楽しみにしてたらフライングVだったから、

フライングVがヤバいのか?と思いきや後のMCで何がヤバいのかが明らかに。

あ、なんかヒロさんの髪形がビジュアル系っぽくてちょっと可愛かった(笑)。

太朗さんの髪形は両目が前髪に隠れてて、

でもたまに覗く左目はバッチリメイクでした。

頭頂部付近の髪はピョンコピョンコ立たせてて。

目の下がクマっぽくなっててレコーディング疲れなのかな?って感じもしつつ、

少しふくよかになられたかな?という印象も受けました。

【第一部】

第一部は確かSWEET MEMORIESで始まって卒業写真で終わりだったかな…

2曲目あたりで新曲「桃色吐息」をやってました。

太朗さんの唄う桃色吐息はすごいハマってた。素敵。

ヒロさんのリフも素敵で。

マジであのバンドのアレンジセンスには脱帽、脱帽。

「少年時代」が一部の最後あたりだったかな。

あとはネジオリジナル曲とかSong2も第一部だったハズ。

他はあんまりよく覚えてない…

なんか今日のネジは妙に勢いがある感じがして、

聴いてて体が勝手に動きだしちゃって困惑しました(笑)。

ネジは音も声もアレンジも全部私の好みど真ん中、どストライクで、

「次にこんなフレーズが来たらいいな~」ってフレーズがどんどん

ステージ上から繰り出されて来て本当に気持ちよすぎる!

MCでは「チョップ始めまして」とか「しゅとう(手刀)ですね」とか。

ネジ太朗の左手の甲に何か書いてあるのが気になってたんだけど、

最初のMCで手を見ながら「凡庸な逆回転その二十八」と言ってるのを見て

数字の「28」と書いてあったのだと判明(笑)。

あと今日は楽屋で関西弁が大流行していたそうで、

太朗がえせ関西弁でしゃべってヒロさんにもしゃべらせようとするんだけど

ヒロさんは必死に拒否して「楽屋ではあんなに関西弁喋ってたのに!」

と太朗にツッコまれてました(笑)。

誰かヒロさんに金沢弁をリクエストすればよかったのにー。(人任せ)

「次のMCは博多弁でいきます」とか言った太朗に対して客席が何か言ったんだけど、

太朗は「そんな、お客さんの希望にいちいち答えてられると思うとっと?」って

 太 朗 の 博 多 弁 た る や な ん と い う 殺 傷 能 力 ! 

とりあえず、太朗さんは「ツンツンして」いきたいらしく、

最初のほうのMCで「マイクこれ大丈夫かなぁ」とつぶやいて

客席から「大丈夫だよ!」みたいな相の手が入った時も

「きみは何を以てマイクが大丈夫だと言っているのか」みたいな

ツン返しをしてました(笑)。

その他のツン太朗発言としては、手刀は客席との距離が近くて恥ずかしいから

「前のほうのお客さんは見ません」とか(笑)。

そうそう、当日の昼間にヒロさんがBlogに書いてた、今日から使うという

「ヤバいギター」の話。

最初はただのフライングVだと思ってたんだけどそうじゃなかった!

客席からの「ギター見せて」の声に応えて高々と掲げたギターは

遠目にも分かる程度に結構ガッツリ焦げててビックリ。

もうBlogに写真がアップされてるけど、あのギターアラバキでも弾いたのかなー。

(あーアラバキ1日目行きたかったなー…。寒そうだったけど)

「一部ラスト」の声から始まった曲は「卒業写真」。

曲が始まってしばらくは歌詞の情景を頭に描きながら目を瞑って聴いてたんだけど、

サビのあたりで太朗さんの歌い方に一瞬にして惹きつけられて。

慌てて目を開けて見ると、派手なパフォーマンスではなく

マイクをスタンドに立てたまま唄ってる状態なのにも関わらず、

すごい引力で歌ってる太朗さんが居て思わず目が釘付けになりました。

っていうか「卒業写真」を聴きながら、ふと違う卒業を思い出してしまって…

(痛くてごめんなさい)

第一部が終わって、ステージ前にスクリーンが降りてきて、

古い凡庸の映像とか、今回のイベントタイトルを毛筆で書いてる映像とか、

そのおまけでクロちゃんを描いてる映像とかも流れてました。

二部の太朗さんMCによると映像はヤスさんの手によるものだそう。

でもスクリーンも位置が低すぎてあんまり良く見えなかったんだけどね。

【第二部】

ステージ前のスクリーンが上に上がっていって、

SEにまたThe Cureの「LULLUBY」がかかって客席から「またかよ」的な

笑いが起こりつつ、メンバーがステージに現れて第二部スタート。

最初の曲は「春よ、来い」。

第二部最初のMCでは「新ネジです。」みたいなことを。

あとはどこかのMCで

「春ですね。春なのでネジさん頑張っちゃって2曲も(二本指を立ててピースしながら)

新曲増やしちゃいました…新曲って言ってもカバーですけど(笑)。」と。

結構あちこちのMCで「春だねぇ~(笑)」って言ってました(笑)。

盛り上がる曲の前の煽りっぽいMCでは「池袋~!」とか「チョップ~?」とか

「(手刀で)全員の首の骨を折ってやる!」とか相変わらずのゆるいMC(笑)。

「そして僕は途方に暮れる」のアウトロでは太朗さんのギターの音が

よく聴こえて嬉しかったな。素朴な音なんですね。

二部最後のほうで、次の曲がギター持つ曲だったのに持ってないことに気付いた太朗さん、

オフマイクで「あ。」とつぶやいてそそくさとギターを背負って、

照れ隠しなのか次の曲に行く準備が出来た合図のつもりなのか「フゥー!」って

高い声で言ったんだけどそれを他のメンバーが真似て「フゥー!」合戦になっちゃって

グダグダで面白かった(笑)。

なんかもう二部の終わりのほうとかすごい盛り上がってて暑かったなー。

トホル様のドラムの音はいつも素敵だけど今日の音はいつにも増して素敵で、

しかもなんか勢いがあって、ドラムに煽られてノッちゃった感じがした。

第二部が終わって、スクリーンは下りずにそのままアンコールタイム。

【アンコール】

しばらくアンコールをしているとやがてステージのライトが点いて、

流れてきたのはまたしてもThe Cureの「LULLUBY」(笑)。

出てきた太朗さんが「さすがに3回目はスベったね」みたいに言ってたけど

いやいや面白かったです(笑)。

そして今度は「生まれ変わったネジです。」と(笑)。

あと「ワンマン」って言おうとして語尾が曖昧になって「わんわん」になっちゃって

「わんわんじゃないです」とか。可愛い…。

【ダブルアンコール】

もう残ったレパートリー「GARDEN」ぐらいしか無いじゃん、

という状態でダブルアンコール(笑)。

1部と2部とアンコールではネジ太朗だけ衣装変えて出てきてたんだけど、

さすがにダブルアンコールでは「最初の衣装に戻した」とのことw

理由は「洗濯が大変だから」って…かわいい…w

MCでは「今日はリハビリライブって感じで」みたいなことを言ってました。

なんか、自分の痛さに自分で驚いたんだけど、

ネジ太朗が歌ってるだけで、ピョンピョン跳ねてるだけで、

それだけでなんかすごく嬉しかった。

あのAX(ササブチヒロシ脱退ライブ)の後初めて見たからっていうのが大きいんだろうけど。

なんか、いつにも増して纏まらない文章ですいません。

纏まってないのは分かってるんだけど、書き記しておきたかったので

このまま記事上げちゃいます。

匿名 さんからの投稿