10/10 FUJIYAMA MUSIC FESTIVAL@河口湖ステラシアター

FUJIYAMA MUSIC FESTIVAL
2009年10月10日(土) 河口湖ステラシアター
12:30/13:30 \6,300
OA:NaiL / Dog in The パラレルワールドオーケストラ
ドレミ團 / D’espairs Ray / D / 12012 / LM.C / Plastic Tree

3連休にはるばる山梨まで行ってきました。

最初はJR部分は特急で行こうと思ってたんだけど、鈍行で行っても
30分ぐらいしか変わらないことがわかったので特急券1410円をケチって
ホリデーパス(2300円)でえっちらおっちら行ってきました。

大月まで向かう中央本線の中はレジャー客や登山客が目立って、
いかにも3連休初日な感じ。

相模湖駅からドアがボタン開閉に変わってようやく旅風情が出てきたと思ったら
大月に近づくにつれ雲が厚くなってきたので思わず苦笑い。
そして車内で既に足元が冷え始めてしまったので大月駅に着いたら
駅前のデイリーヤマザキで靴用カイロを仕入れようと思ったのに
いざ着いてみたらデイリーがつぶれてたという(笑)。

仕方ないので靴用カイロは諦めてそのまま富士急に乗車。
「フジサン特急フリーきっぷ」(2200円)で往復分。

学生時代に運転免許を大月で合宿で取ったから大月は何度も行ってたけど、
富士急行線に乗るのは今回が初めてでした。

人をバカにしたようなデザインの「フジサン特急」で河口湖まで。

特急列車を名乗ってはいけない程度の速度で走り続けるフジサン特急の車窓からは
きれいな水が流れる川や、都留のリニア実験線が見えました。

あとはアスファルトが濡れてるのが見えて「え、雨降ったの?」ってちょっと
不安になったり。会場は野外だけど可動式の屋根があるって聞いてたから
雨装備を持ってきてなかったので。

途中「富士吉田」を「腐女子だ」に空耳しつつも河口湖駅に着いて
ステラシアター行きのシャトルバス乗り場を探すも見つからず、
バス案内係の人に訊いてやっと分かったので行ってみるとジーンズに
スタッフパス貼った係員が一人立ってるだけという(笑)。
そりゃわかんねーよ(笑)。

シャトルバスが2便しか出ないってどういうことなんだろう、と思ってたけど
第2便が出る予定の12:00になってもバスが埋まらず、次に河口湖駅に着く電車の
お客さんを待ってから出発していたので、2便だけというのも納得でした(笑)。

街中の「ほうとう」っていう看板を見るたびに自分のことを言われてるのかと
思ってドキッとしつつも、バスは河口湖ステラシアターに到着。

指定席だから開場と同時に急いで入ることもないので、
会場の周りで何か食べようと思ってフラフラ歩いてみるけど
あるのは松ぼっくりばかりでお店が一軒もない。
コンビニもスーパーもない。

携帯を開いてモバイルGoogleマップで食事が出来そうな場所を検索したけど
歩いて行けそうな場所には検索結果が出なかったので、仕方なく会場付近まで戻ったら
「フランス食堂なんちゃら 200m→」という看板が目に入ってきたので
とりあえず矢印の方向に歩いて行ってみることに。

果たして辿り着いたそのお店が開いていたので、そこに腰を落ち着けることにしました。

Café de Boulogne

キャフェドゥブローニュで豚肉の網焼き1,100円を食べました。

お肉も普通に美味しかったし、パン屋さんを併設しているとのことでパンも
カリッとして美味しかったです。ただ、自家製チョコレートケーキはイマイチ、
っていうかなんか自分で作れそうな感じだった(笑)。

そんな感じで河口湖で優雅な昼食を楽しんでいたら、突然外から轟音が(笑)。
13:30に定刻開演したんだなー、と思いつつオープニングアクトはいいや、と思って
そのまま食事を続行していると、ご近所のおばあちゃんがお店に入ってきて店の主人に
「なんだろうねぇ?」
「コンサートだよ」
「えらいうるさいねぇ?」
「朝からだよ」
みたいな会話をしていて

 大 変 申 し 訳 ご ざ い ま せ ん w w w w w 

みたいな気分になりつつOAが終わる頃にお店を後にしました。

ステラシアターに入る直前に、もう中に入っているついったらーの方が
「座席がコンクリートだ」という旨のPOSTをされてるのを見て慌てるも、
周りに店が皆無なため何も敷くものを用意できないまま中に入りました。

想像してたより小さいハコだったにも関わらずガラッガラ、
ナイスピクニックを通り越してグレートピクニック状態。
小さなアリーナはスカスカだし、扇状に広がる指定席は上半分は完全に空席、
下半分がちらほら埋まっている程度。

ケツでコンクリートを暖める簡単なお仕事をしながら幕が開くのを待っていると
場内放送で「アリーナ最前列の柵は壊れやすいので体重をかけたりしないでください」
という無謀なアナウンス(笑)。全くw意味がwwわかりませんwwwww

そして会場は最初から屋根を出している状態でした。
なので日射しが入らずずっと日陰で、ただひたすら寒い状態…。
調節しやすいようにババシャツ+ロンT+Tシャツ+カーディガン+パーカー
で行ったんだけど、カーディガン+パーカーじゃなくてダウンジャケット
持って行っちゃった方がよかったな、と少し後悔しました。
大げさかなーと思ってやめちゃったんだよね。
全然大げさじゃなかったわ。

で、OAを除く1バンド目はドレミ團。
アリーナを見ると、前方2~3列しか詰めてなくてガラガラ。
ホントピクニックとかいうレベルじゃない。
会場の音の悪さと相まって、なんか小さなライブハウスにでも来てるかのような
錯覚に陥りそうになりました。

ドレミは青春なんちゃらって曲は好きだけどそれ以外はピンと来ないんだよなー。
って感じでとりあえずメジャーおめでとうございます。な感じで終了。

2バンド目がMSIさん。
ここんとこ立て続けに対バンで見まくってるせいか曲もフリも体に馴染んでて
楽しかったです。楽しかったけど寒かった。
今度お給料入ったら新譜買おうと思います。

次がディスパさん。
ニラの曲やってくれなくて残念!
せっかく山梨なのに!(韮崎)

4バンド目がD。
先月浜スタのイベントでは聴けなかった旗の曲とか台湾最高の曲とか聴けて嬉しかった。
旗持ってないけど真似っこしようとしてたんだけどあれ難しいね!
あと台湾最高の曲はファルセットがすごいきれいでビビった。

Dが終わって12012のお立ち台が出てきたので申し訳ないけど寒さのため一旦ロビーへ退避。
この頃になっても客席の惨状は変わらず、2列目が荷物置き場になってるような状態でした。

ロビーはホール内よりは風が入らない分多少暖かい…とは言え寒い。
貼るカイロと貼らないカイロと手袋を持ってきたのは大正解でした。

12012の最後の曲をホール内に入って見て、席に戻ってモコちゃん待ち。
もう陽もすっかり落ちたので普通に寒い。

そんな中アイジ先輩が普通にタンクトップの衣装で現れてビックリしました(笑)。
MCでもツッコまれてたけど(笑)。

そしてケンジ!
LM.Cもここんとこ立て続けにイベントで見てるから
もうLM.Cでベース弾くケンジを見るの3回目という(笑)。
相変わらずのたまらん池様っぷりでした。

「88」でイントロ部分を客席に合唱させようとしたまぁやでしたが、
人数少なすぎて全然大合唱にならなかったせいか、
ちょっとだけ歌わせてすぐに自分でマイクを通して歌ってました(笑)。

Rock the LM.Cでピョンコピョンコして多少体が温まって終了、
そして最後のプラさん待ち。

どういうわけか、プラさんの出番を待ってる間ものすごく緊張して
ドキドキしてしまってどうしようかと思いました。
急になんでだろう…。

【Plastic Tree セトリ】
01 リプレイ
02 メランコリック
-MC-
03 真っ赤な糸
04 メルト
-MC-
05 梟
06 ヘイト・レッド、ディップ・イット
07 puppet talk
-アンコール-
EN-1 涙腺回路

いつものOnly Shallowが流れて幕が左右に開いてメンバー登場。

1曲目、太朗さんがギターをかき鳴らし始めて「リプレイ」。
リプレイ始まりのライブって初めて見たので新鮮でした。

ステージ上は後方にPlastic Treeのロゴ幕、前方にお立ち台。
お立ち台のロゴプレート、今日は上下逆さまじゃなくなってました。
テントの時のロゴのやつ。

楽器隊の衣装は大体テントの時と同じような感じでした。
正くんとアキラのジャケットとか、ケンケンのヒョウ柄カーデガンとか。
アキラは髪の毛下ろしてサラッサラなびかせてました。髭は健在。

ドラムはツータムワンフロアで、太朗さんのギターはずっと赤。

2曲目がメランコリック。
珍しい。
全体的に最近見ない斬新なセトリだったような気がして、
「いつものパターン」を壊そうとしてるのかな、ってちょっと感じました。
気のせいかもしれないけど。

メランコリックの途中、ギターだけになる所でケンケンが立ち上がって
笑顔で力強く客席を煽ってました。ウォー!たまらんばい!!

真っ赤な糸、メルトが終わってのMCで
竜「寒いですか?」
客席「さむーい!」
竜「じゃあ暖めてあげます。…怪しい意味じゃなくてね!」

って言った直後に正くんがステージ中央まで歩いて行って太朗さんと体を寄せ合って
何やら話してたんだけどあれは暖めてたってことでいいんですかね?(違います)

太朗さんのご当地煽りは「富士山!」でした。
「フッジッサーン!/^o^\」ではなく
「フジサーン!」でした。
残念。(何が)

散々「フジサーン!」って煽っといて足元のセトリを見て
竜「次そんな煽るような曲じゃ…ないですね(笑)」
明「(笑顔でうなづく)」

で、「また夜きました梟ー」という曲紹介から5曲目「梟」。

トリのプラになったらお客さんが増えるどころか不便な場所だからか
目当てのバンドが終わったら帰るお客さんも多くて客席は更にガラガラだった
わけですが、そんな少人数で6曲目ヘイトのイントロオイオイコール。

ちなみにプラ始まる直前までアリーナは2列目が出来てませんでした。
始まったらさすがに2~3列ぐらいにはなってたけど、
その後ろにポッカリ無人ゾーン、アリーナの一番後ろには柵にもたれる人1列、
でその後ろが指定席(前述の通り後ろ半分ガラガラ、前も埋まってはいない)。

話をライブに戻して、ヘイトが終わってもスーリーが木目ベースを下ろさなかった
んですよ。あれ?と思って「あのベース使う曲他に何があるっけ」って
必死に考えてたら太朗さんが「みんな右手あげてー左手挙げてー」とか
ゆるく煽ってるうちにアキラが「puppet talk」のイントロのシーケンスを!!!!!!
ギャース!!!!!
puppet talkをケンケンで聴きたいと思ってたから
嬉しすぎて脳味噌沸騰寸前www
首がwwww首がwwwwwwwwww

念願のケンケンで聴いたpuppet talkは、正直スネアが重く感じてちょっと
違和感があったけど、まあそのうち慣れたいです。

そのpuppet talkのアウトロで太朗さんがケンケンのほうを
「まだスタミナ大丈夫?」みたいな感じで見て(←これは完全に私の勝手な解釈)、
そしたらそれに応えるようにケンケンが最後の何小節かのベードラを
ドコドコドコドコツインペダルで踏んだの!
あれがすごいツボだった。
また聴きたい!

今日はpuppet talkの時、ヘドバン組とパタパタ組(手バン組?)の他に今日は
阿波踊り組もいました。ちょっと楽しそうだったから最後はどさくさに紛れて
阿波踊りしちゃった(笑)。

阿波踊りはたぶん他のバンドのお客さんだったけど、そうやってイベントで
他所のノリがちょっとずつ流入するのも面白いよね。

本編が終わってメンバーがはけて行く時、太朗さんの息が白かったのが印象的。

で、トリのプラさんだけアンコールあり。
アンコールで半袖で出てきた太朗さんを見てどよめく客席。
多分あの瞬間、客席にいるほぼ全員が同時に同じことを思った。
「 寒 く ね ー の か よ w w w 」
客席を煽るたださんの息も白いというのに…(笑)。

アンコール前に「今日は色んな髪の色の人とバーベキューしました」みたいな
軽いMCを挟んでアンコールは「涙腺回路」1曲で終了。
最後太朗さんがオフマイクで「風邪引かないように」みたいなことを言ってました。
いや、この寒い中半袖で居る人に言われても説得力ないからw

どっかのMCで雨神様が「今日は晴れてよかった」みたいな事を言ったら
客席から「朝は雨だった」ってツッコまれて、「朝は関係ない」みたいなことを
言ってたんだけど帰りステラシアターを出たらまんまと小雨が降っていたという(笑)。

20時前には終わってたかな。
帰りも河口湖駅までのシャトルバスは2台。
2台に詰め込まれて河口湖駅まで行って、帰りの富士急は普通列車で大月まで。
大月からはオレンジ色の列車に延々揺られて帰りました。
帰宅は午前様でしたが…。
でも日帰り出来る範囲なので「遠征」っていうより「近征」って感じですね。
せっかく山梨に行ったのに富士山も河口湖も見れず終いでしたが(´・ω・`)

屋根があるから野外の解放感もないし星も見れなかったし、寒さだけが唯一野外だったなー。
14時から20時までたっぷり6時間冷やされたのでさすがに帰宅後は喉が怪しかったです。
あとpuppet talkのせいで首も怪しかったです←

まー遠かったけど色んなバンド見れたしpuppet talk聴けたし、
なんだかんだで結構楽しいピクニックでした(笑)。

匿名 さんからの投稿