2009/1/24 Plasic Tree@福岡DRUM LOGOS

Plastic Tree 2008-2009冬ツアー「ウツセミ」
2009年1月24日(土)福岡DRUM LOGOS
17:00/18:00 \4,800

だいぶ時間が経っちゃいましたけどツアーファイナルを迎える前に
簡単に福岡のレポいきまーす。
やっつけしごとでスミマセン。

MCとかは例によって語尾とか言い回しまでは憶えてないので
あくまでニュアンスってことでお願いします。

【セトリ】
01 うつせみ
02 テトリス
03 ザザ降り、ザザ鳴り。
-MC-
04 サイケデリズム
05 Q
06 フィクション
07 斜陽
-MC-
08 雪蛍
09 メルト
-MC-
10 Dummy Box
11 アローンアゲイン、ワンダフルワールド
12 バルーン
13 GEKKO OVERHEAD
14 メランコリック
15 リプレイ
16 記憶行き

EN1-1 Closer
EN1-2 ヘイト・レッド、ディップ・イット

EN2-1 Ghost
EN2-2 リセット
EN2-3 エンジェルダスト

【本編】
福岡はステージセットなしのバージョン。
全7本のツアー中セット無しバージョンは名古屋・札幌・福岡の3本だったんですね。

ステージへの出入り口が上手からだからなのか、スーリー→ぶち→アキラの順で登場。
わたしは体調悪かったんで壁際、そして今ツアーずっと下手でばかり見てたので
一回ぐらいは上手で見ようと思って上手壁際で見てました。

たろう白かった、すごい白かった。(顔)
そして髪型が横髪がすごい長くて後ろ髪が短くてかわいかった。
頭頂部の髪がちょっと立ってるのとかすごいかわいかった。

そしてたろうのマイクがコードレスじゃなくて紐付きだった。
名古屋ではコードレスだったような気がするんだけど何の差なんだろー。

01 うつせみ
02 テトリス
03 ザザ降り、ザザ鳴り。
-MC-

テトリスのイントロで「はい。」がなかった。

ザザザザ後のMCでは外の雪に言及して「舞台版ウツセミ真っ白福岡編はじまりはじまり~」と。

04 サイケデリズム
05 Q
06 フィクション
07 斜陽
-MC-

今日は珍しく上手でアキラ充してきたんだけど、Qのイントロのアキラが…もう可愛すぎる!
キュルキュルゆってるシーケンスの音に合わせて小さく踊ってたかと思ったら、
さらに「ポン!ポン!」って音に合わせてポン!ポン!って猫パンチを!

フィクションでは有村さん「イヌ、キジ、サル」のところで客席を指してました。

雪蛍前のMCでは、たろーが今日の雪の話をしてる最中に横から
アキラが「今日は言い甲斐があるね!」とか茶々入れてたw

08 雪蛍
09 メルト
-MC-

太朗が「今この会場で一番暖かくなっているであろう長谷川正さんに今年の抱負を…」
みたいに振って、
スーリーは「もう抱負って時期じゃないじゃん」とか言って
「福岡が生んで千葉が育てたカラクリ人形、有村竜太朗さんが云々」
って太朗に振り帰そうとしたんだけど、
客席から「抱負はー?」ってツッコまれて仕方なく今年の抱負を述べてました。
でも抱負と言っても「今年も頑張りまぁーす!」みたいな
ビミョーに抱負になってない抱負(笑)。

ちなみにたろうさんの抱負は「MC上手になる!」って
あーたソレ名古屋でマキラが宣言した抱負のまんまパクリじゃないかいw

10 Dummy Box
11 アローンアゲイン、ワンダフルワールド
12 バルーン
13 GEKKO OVERHEAD
14 メランコリック
15 リプレイ
16 記憶行き

メランコイントロ雄たけびありでした。
体調悪かったからメランコでも折り畳まなかったので、
久しぶりにたろさんがリードギター弾くとこ凝視できました。

本編ずっとおとなしく見てたこともあって、
なんか今日はなんかライブを見たっていうより映画を見たような気分だったなあ。
頭のしびれ具合が、映画館で映画見終わった後と似てた。
心地よい余韻っていうか。

オールスタンディングのライブでここまでの世界観を見せてくれるバンドって、
そうそう居ませんよ。

本当にPlastic Treeはいいなあ。

【アンコール1】
アンコールで出てきたアキラが客席からのアキラコールを受けて
「何なんだよぉっ!何か用なのかよぅ!アキラアキラって…(;´Д`)」
って困った風の口調で言い始めて、そしたらスーリーが
「何でちょっとテンパってんの?」ってツッコミ入れてた(笑)。

太朗さんは雪の話。
「楽屋から見たらもう積もってました」とか言って外の状況を知らない海月達を驚かせる。
「でもロゴスの周り○メートルは雪も溶けてると思います」
「おまえら、公園の雪まで溶かせよっ!」
とかすんごい煽りモードに入ってきた所で次の曲がCloserだった事に気付いて
「煽るとこ間違えた」ってかわゆー!

EN1-1 closer
EN1-2 ヘイト・レッド、ディップ・イット

本編はずっと我慢しててん。
手と拳だけで、あとは脳内折りたたみと脳内ヘドバンで我慢しててん。
でもなでもな、ヘイトレッドを生で聴いて大人しくしていられるほど
人間として成熟していないものでして(この後の行動はご想像にお任せします)

【アンコール2】
名古屋で今年の抱負を「MC上手になる」と高らかに宣言したアキラさんの本日の渾身のMC。

楽器隊3人は出てきたんだけど太朗さんだけ出てきてない状態で
「じゃあこの場を俺のすばらしいMCで繋いでやる!」みたいな事を言い出すアキラ。

明「ドラムにモーラー奏法っていうのがあるんですよ。
ダラララララ…ってずっと続けて鳴らせるやつで、ササブチさんもやってますけど、
で、そのモーラー奏法っていうのは昔軍隊とかで、戦争が始まる時とかにずっと音を絶やす
ことなく続けておく必要がある時に開発された奏法なんですよ。」

客席「えー?」

明「いや本当に。太鼓の音で兵隊の気持ちを鼓舞させたりね?これは本当なんです。
で、このモーラー奏法の話は一旦置いといて、アンコール。今みんなアンコールしてたでしょ?
でもずっとするの疲れるでしょ?そんな時にこのモーラー奏法を取り入れたらいいんですよ!」

明「会場を半分にして(上手側と下手側に分けるしぐさ)、
さらに半分にして(前と後ろに分けるしぐさ)、
アンコール(上手前方)、アンコール(上手後方)、
アンコール(下手後方)、アンコール(下手前方)、って。わかる?」

ちなみにこの明先生のMCの間、スーリーは下手でベースを抱えて床に座り込んで
客状態で聞いてました(笑)。ぶっちはドラムイスに座った状態で。

そしてアキラのモーラー奏法の話が終わってからパーカー姿で出てきた太朗さん。
客席から「かわいー!」って言われて、
客席を指差して「おまえもおまえもおまえもかわいい!」って言って
最後にたださんを指差して「お前が一番かわいい!」って

 も う や め て ! 腐 女 子 の ラ イ フ は ゼ ロ よ !

なんか、まったく同じMCを大阪でサンタコスを可愛いって言われたときにも
言ってたらしいですけど生で見れてよかったよーハァハァ

EN2-1 Ghost
EN2-2 リセット
EN2-3エンジェルダスト

アンコールのどの曲だったか忘れたけど曲前の煽りで
「博多!」とか「山笠!」とか「めんたいこ!」とか
色々煽ってて突然「姪浜!」って煽ったから何事かと思ったら
「姪浜はおばあちゃんちのある所です」って煽りの間に補足説明してた(笑)。
それを聞いて一部の(姪浜在住なのかな?)海月さんがすごい嬉しそうにしてた(*´∀`*)

Ghostはじまる前に「今日は、用意してきた曲と、プラス、なんかやっちゃおうかな!」
みたいに言ってて、「じゃあ何をやるかはやりながら考えますGhostー」
とか言ってたんだけどその割にはGhostの次が今までどおりリセットで「あれ?」って
ちょっと肩透かしを食った気分に。

でもリセットが終わってもなんかまだステージ上は演奏するモードが続いてる!
なんだろなんだろって思ってたら「何してあーそぶー?」って煽りからエンジェルダスト!!

エンジェルダストやってくれないかな、って割とツアー前半から思ってたから
イントロ聴いて血が沸騰しました。

【感想など】
ロゴスは初めてだったけど、ステージの横幅と客席の奥行きの比率も良いし
ロッカー・クロークも万全だしいいですね。
あとはあれで段差のところに全部柵があれば完璧なんじゃないかと。
段差が多いのも良かったです。

ただ、照明装置はなんかイマイチでしたね…。

体調が万全じゃなかったのが悔やまれるけど福岡よかったです。
本編終わった後に感じた「映画を観た後みたいな心地よい余韻」、
あんなのを感じさせてくれるライブって滅多に観られません。

それでいて、アンコールでは何もかも忘れて暴れて完全燃焼させてくれるっていう。
この緩急のつけ方が。
個人的には「100点!」って叫びたいくらいの満足度でした。

残るはツアーファイナルNHKホール、こちらはステージセット付きバージョンの
集大成を見せてくれるのかと思うと楽しみでしょうがないです!

匿名 さんからの投稿