2009/1/30 Plasic Tree@NHKホール

Plastic Tree 2008-2009冬ツアー「ウツセミ」千秋楽
2009年1月30日(金)NHKホール
18:00/19:00 \4,800

開場時刻=終業時刻という平日公演ならではのバタバタ感の中
行って参りましたプラ冬ツファイナル!

去年から全国を回ってきてある程度完成されたウツセミの世界観を
NHKホールで見ることが出来るだろうと思ってものすごく楽しみにしておりましたこの公演。

MCとかは例によって語尾とか言い回しまでは憶えてないので
あくまでニュアンスってことでお願いします。

【セトリ】
01 うつせみ
02 テトリス
03 ザザ降り、ザザ鳴り。
-MC-
04 サイケデリズム
05 Q
06 フィクション
07 斜陽
-MC-
08 雪蛍
09 メルト
-MC-
10 Dummy Box
11 アローンアゲイン、ワンダフルワールド
12 バルーン
13 GEKKO OVERHEAD
14 メランコリック
15 リプレイ
16 記憶行き

EN1-1 closer
EN1-2 ヘイト・レッド、ディップ・イット

EN2-1 Ghost
EN2-2 リセット

【本編】
01 うつせみ
02 テトリス
03 ザザ降り、ザザ鳴り。

うつせみでは上からじっくりスーリーの手元を拝見できました。(2階下手後方)
間奏~ロンリネス・テンダネスのところのベースがすごい好きだー!

っていうか遠くから見るとスーリーの脚が細すぎて
ベースのネックと同じぐらいの細さに見える!!(幻視)

2曲目テトリスはイントロの「はい。」あり。
後ろのスクリーンの文字を見納め。

3曲目ザザザザ終わってMC。
雨がザザ降りなことに触れて、正くんに「復活ですか?」と(笑)。
正くんは
「俺の力だけじゃないことに気付いたよ、バンドに水の星座が二人も居たらそりゃ雨降るよ」
って遂に人のせいにし始めたよこの人www

でも家に帰ってから調べたら水の星座って蠍座も含まれてるんですねー。
つまり!
千葉組の共同作業で雨を降らせてるって言いたいんですね、わかりまs(腐女子自重)

そして竜太朗は自分から雨ネタをスーリーに振っておきながら
客席からただしコールが起こると「言われ無き断罪ですね」って(笑)。

-MC-
04 サイケデリズム
05 Q
06 フィクション
07 斜陽

MCで突然太朗さんが「みんなアキレス腱のばしをしてください」って言い出して謎だった。
仙台でもアキレス腱伸ばしさせられたけどやっぱり謎だった。

「踊り狂って死ねるかサイケデリズムー」って曲紹介から4曲目サイケデリズム。
2階後方から見るとサビで手を左右に振るやつがすんごい綺麗に揃ってていい景色だった。
プラってあんまり手フリ揃わない(だがそれがいい)からたまに揃ってるの見ると圧巻ですね。

Qのイントロのアキラダンスをまた見たかったんだけど、
暗かった上に下手2階席じゃ遠すぎて全然見えませんでした(ノ∀`)

Qの間奏ではアキラと太朗が2人でお立ち台に登ってて、
ギターソロが終わってもお立ち台から降りないアキラを
太朗がヒップアタックでお立ち台から強制排除してたのが面白かった(笑)。

そしてフィクションではまた「イヌキジサル」で客席を指さしてました。

斜陽とかほんと12月の渋公と比べるとまとまってて…やっと
バラバラだった骨と肉がくっついたなって感じがした。
すごく聴きごたえがあった。

-MC-
08 雪蛍
09 メルト

「今日の雨を5分間だけ雪に変えます、雪蛍―」
という曲紹介から雪蛍。

最初、シーケンスとたろさんの歌がズレてて変な感じだったけど
サビで生楽器が入った瞬間からは完璧な雪蛍の世界に引き込まれました。
息を飲む美しさ。

-MC-
10 Dummy Box
11 アローンアゲイン、ワンダフルワールド
12 バルーン
13 GEKKO OVERHEAD
14 メランコリック
15 リプレイ
16 記憶行き

Dummy Boxのテンポがすごい気持ちよかった。
今まではちょっと遅いかな?って感じちゃってノリづらかったんだけど
今日のだみーぼーは本当気持ちよかった。

GEKKO OVERHEADでもアキラと太朗が背中合わせで弾いてたような気がするー。
そしてまたヒップアタックしてたかしてなかったか…。
なんか間奏で折り畳もうとした瞬間にヒップアタックが目に入ってきて
折り畳み中断してステージに見入っちゃった記憶があるんだけど(笑)。

そしてメランコの間奏でも、折り畳もうと思った瞬間に下手で千葉組が向かい合って
弾き始めたのが目に入ってきちゃったもんで折り畳みそっちのけで千葉組凝視してました(笑)。

「次は終点、記憶行き―」
という曲紹介から本編最後の「記憶行き」。
記憶行きのスクリーン映像が渋公・仙台とはちょっと変わってたような。
画面の右端に映画の字幕みたく縦書きで歌詞を出していく方式から、
スクリーン全体をまんべんなく使って歌詞を表示させる方式になってました。
確かに、歌詞が出るのが右端だけだと上手端のほうの席からは見えないだろうから
このほうがいいよね。

記憶行きのアウトロで太朗がギター持って以降のアキラのギターソロはかなりキてた。
もうアキラに目が釘付け。
そういえばアキラさん左側の長い前髪お切りになりました?

あと、アキラさんの新しいギター(ペパーミントグリーンぽい爽やかなやつ)と
スーリーの新しいベースが、遠くから見るとたまに光の加減で同じ色に見えるタイミングが
あって勝手にドキドキしちゃいました(笑)。
お…オソロで新調したみたいに見えt(腐女子自重)

【アンコール】

EN1-1 closer
EN1-2 ヘイト・レッド、ディップ・イット

まずはアンコール1回目、全員グッズのパーカーで出てきて
(今まではここではまだぶっち以外着替えてなかった)
MCなしで直ぐにcloserの演奏を開始。

closerの最後の「Sequence ○○」ってナカヤマ様の単独コーラス部分、
今回はちょっとコーラスのボリュームが小さくて残念でした。
あれ好きなんだけどにゃー。

closerが終わって、メンバー全員がツアーの思い出を語る的なMC。

アキラは札幌での誕生日のお祝いのこと。嬉しかったと。
でも外の気温と中の熱気の差で小屋全体が水蒸気のせいで
白煙が立ち込めてるみたくなっちゃって、
ライターの火もつかないぐらいだったそうで。

もう通報されるんじゃないかってぐらいの煙具合だったって言ってた(笑)。
「おまえら通報してやる!」とか言ってたかな。
そのときの様子はちゃんと映像で抑えてあるからいつかDVDに入れたいとも言ってました。

ぶっちくんは丁寧に、ツアー全箇所をひとつひとつ振り返ってくれました。
笹「初日が大阪でクリスマスで、その次が……渋谷。そんで年越しライブとかもあって、
なんかワタワタワタワタしてて、で、年があけて仙台?」
客席「名古屋!」
笹「あ、名古屋か。名古屋は寒かったんだよね。」
客席「(寒かったー!)(暑かったー!)」
笹「え!?暑かったの!?(笑)」
正「寒かったよ」
笹「あ、寒かったのね(笑)。仙台ではライブの後牛タン食べーの、
札幌ではね、さっきも言ったナカちゃんのお誕生日!めでたい!
で、福岡(この辺何言ったか覚えてない、雪の話だったかな?)
プラでNHKホールは2回目、前回は6年前で俺が入った頃だったからね~」

なんか話の途中で一回咳き込んでてちょっと心配だったw
笹「今年の風邪はしつこいからね!」

次がスーリー。
竜「千葉の細い人長谷川正!」
正「それなんか普通じゃん(笑)」

またしてもスーリーが何か言うたびに客席から「そうですねー」という
合いの手が入る「お昼のリーダー」状態に陥った正くん、
竜太朗が客席に「気持ち悪いッw」ってツッコミを入れる一幕も(笑)。

太朗は「気持ち悪い」って言ったけどスーリー的には
「いいじゃん、コールアンドレスポンスで」だそうです(笑)。

正「年またぎのツアーだったからホントまだ年を越した気がしなくて。
今日ファイナルを迎えてやっと年を越せそうな気がします」

最後竜太朗がツアーについて語ってくれるだろうと思ったら
竜「次は僕なんですけどー、なんですけど、意外と(3人の話が)長くかかったんで、
時間がないんで曲いきます」

とか言ってありもしない腕時計を見ようとするw
結局ここでは太朗はツアーの感想は述べずに曲へ。

「今夜は帰さねぇぞっ!」とか自分で煽って自分で笑ったりしつつヘイトレッドへ(笑)。

ヘイトの2番Aメロでスーリーがステージ前方に出てきてベースを抱いて座り込むやつ!!
やっぱりあれかわいい!!
すき!!
ベースの音がそのまんま「ボーーン」って鳴りっぱなしに
なってるあたりに性的興奮をおぼえますね!!(変態帰れ今すぐ帰れ)

【ダブルアンコ】

ダブルアンコで出てきてさっそく、竜太朗が先ほど喋れなかったツアーの感想を語りだす。

竜「名を告げてください」
客席「りゅうたろー!」
(それを言うなら「名を呼んで」ではないかとも思いつつ)

たろうさんのお話は、「うつせみ」ということばの意味について今まで色々と言ってきたけど、
このツアーをやってみて自分にとっての「うつせみ」という言葉の意味がやっとわかった、と。
それは、自分はプラスティックトゥリーをやって行きたいっていうことなんだな、って思ったと。

ああもうあなたはどうしてそうやって海月がよろこぶことを言いますか!
海月の涙腺ゆるめますか!
けしからんけしからん(つд`;)

あと、「アルバムを発売してからかなり経ってからのツアーだったから
みんな聴き込んで来てくれてる状態でのツアーってのが面白かった」
って言ってたのはたろうさんだったか正さんだったか…。

太朗さんがツアーの感想を話しているとき、アキラがスーリーのところまで出張して行ってて、
それに気付いた竜太朗が「何してんの」みたいに言って、そしたらアキラは
「(シールドの)長さをね(確認してる)」と。

で、どの辺まで動けるのか確認し終わって上手に戻るアキラの様子を見て
客席が笑ってて、そしたら竜太朗が
「僕は後頭部には目がついてませんからね(客席が何で笑ってるのかわかんない)」と。

EN2-1 Ghost
EN2-2 リセット

Ghostの最後のサビ、最近割とメロディ変えて音下げて歌ってたけど
今日は音源どおりのメロディで歌ってました。

いつだったか記憶に自信がないんだけど多分ダブルアンコの時に
たろうがアキラん所行ってめっちゃ絡んでましたね!(鼻息)

2階下手後方からじゃ何やってるのか全然見えなかったんで
「曲の〆の相談でも過剰なスキンシップを取りながらしてるんだろ」ぐらいに思って
たのですがチッス疑惑とかあるんですかw
(イヤモニ直してただけ説もあるみたいだけどw)

まあ、どうせキスするんだったらどの席からでも見易いように
2人でお立ち台に登ってやってくだs(ry

カメラ入ってたし、是非疑惑のシーンをモザイク無しの完全無修正で
映像化していただきたいですね!

鼻息が荒くなってきたから話をもとに戻そう。

で、リセット。

リセットのアウトロ長かった!
アキラがスーリーの所まで行って自分のギターを脱いで、
スーリーの背中に手を回してベースを脱がせて、
ギターとベース交換して最後の〆をしてた(*´∀`*)

正くんのベース背負ってぶっちのドラム台に上がってベース弾くアキラ!
なんかよく分かんないけど見ててテンションあがる!

リセットの最後は竜太朗の「飛ぶよー!」の声で客席も一緒にジャンプして全曲終了。

ああ、エンジェルダストは福岡だけの幻だったのか!ガッデム!

全曲終了後メンバーがステージに残って物を投げたりとか色々やってるとき、
正くんがステージ上に残っている金銀の紙吹雪の上をツルツル滑りながら
ムーンウォークやってて面白かった(笑)。

そして竜太朗が「この後お楽しみありますので」と言ってステージを去り、
スクリーンに映し出されたのは「本日、猫印。出現」という文字。
(映像のBGMはヘイトレッドだったかな?)
NHKホールに猫印が現れて号外配るよー、みたいな短い映像だったかと。

ホールからロビーに出てみると猫印。は見つけられなかったものの
スタッフさんが総出で号外を配ってらしたので一枚もらってきました。

8月30日武道館とな!
すごーい!

【感想その他】

レモホよりは音良かったけど、やっぱり2階の屋根被り席になっちゃうと音が遠いねぇ。
ぶちをのあのラウドなバスドラで真正面から心臓射抜かれたいな、また。
(できれば近いうちに…)

ライブの前日あたりは「明日で冬ツが終わっちゃう」っていう寂しさがあったんだけど
ライブが終わった後はそんな寂しさなんてすっかり忘れて、
なんかすごく満たされた気分でNHKホールを後にすることができました。

で、NHKホールを出て外を歩いてたら突然強まる雨脚www
「スーリー目を覚まして!!!もうライブは終わったのよ!!!」
などと言われ無き断罪をしながらご飯食べて帰りました。

武道館楽しみだー!

匿名 さんからの投稿