Plastic Tree@SAKURA JAM’08 代々木第一体育館 2008/3/1

なんつーか、全体的にさぶいイベントでした(笑)。
春から新生活を始める人のためのイベント、とゆーコンセプトらしいですが。

アリーナAブロックはまあ埋まってる。
(つってもどこぞの専門学校にチケばら撒いて埋めたんだろうけどねw)
Bブロ中間あたりからは人もまばら。
Cブロ\(^o^)/オワタ

スタンド席も前方は埋まってるけど中間より後ろ\(^o^)/オワタ

春から新生活を始める人向けとか言いながらチケ代6800円とか、
その辺が敗因なのかしらね。

最初からは見なかったので途中からだけど、簡単に感想など。

★アンダーグラフ
・青春ロックな感じ?
・ガラガラの代々木第一体育館じゃなくて、もっと小さなライブハウスで見たら、
 もっと心に届くべきものがちゃんと届いて来るんだろうなー、って感じ。
・でも個人的にはあまり好きな音楽性じゃなかった。
・出身地の枚方を歌ったとゆー曲の歌詞に「緑色の電車」って出てきて、
 それが気になって仕方なかったであります。おけいはん?

★TRICERATOPS
・3ピースとは思えない多彩な音。
 ウワモノがギターとコーラスだけとは思えないぐらい分厚く感じた。
・あの往年のヒット曲もやってました。ポカリスエットのCMのやつ。
 「GOING TO THE MOON」ってゆーんですか。(今調べてきた)
 あれがキーボードとか無しだったとゆーのがちょっと衝撃的だった。
・すごく音がまとまってて聴きやすかった。
・きっと音楽だけで勝負してきたバンドさんなんだろうな、って思った。
 萌え要素とかトークが立つとか、そういうのとは無縁そうな感じ。
 (もし違ってたらごめんなさいw)

★Plastic Tree

01 イロゴト
02 エレジー
-MC-
03 真っ赤な糸
04 涙腺回路
05 メランコリック

・ガラガラの代々木第一体育館に響き渡るバスドラのラウドな音が印象的。
・新生活を応援するイベだつってんのに「真っ赤な糸」で♪さよーなら~♪とか
 空気読まなすぎでクソワロタw
・短かった!最後の曲ぐらいでやっとプラの世界に入れてきた感じがしたのに終了。

★Acid Black Cherry
・yasuの歌声だけは別格だった。説得力があるってゆーか。yasuが歌いだしたら
 おしゃべりしてた子たちもそっちに耳が行って黙っちゃう感じってゆーか。
 聴かなくちゃいけない声ってゆーか。
・もし「歌」が一本のラインだとしたら、他のヴォーカリスト達は
 その「歌」のラインを目指して頑張って歌ってる感じで、
 yasuだけはそのラインより上に居て、上から自由自在に歌ってる感じっていうか。
・「Black Cherry」で未就学児童が通路で激しく踊り狂っててバロスw
 ぼく、「中で出して」の意味分かってまちゅか~?w

つか最近の大型スクリーンってすげー綺麗に映るのね。
あれなら後ろのほうの席でも結構満足行くんじゃないんですかね。

匿名 さんからの投稿