Plastic Tree@なんばHatch ステレオ蝙蝠族 2008/8/9

Plastic Tree 2008夏ツアー「ステレオ蝙蝠族」
2008年8月9日(土) なんばHatch
17:00/18:00 \4,800

遠征から帰ってきてもう1週間も経っちゃったけど今更レポ行きます(笑)。

ツアー初日、大阪まで行ってきました。
なかなか整番良かったので細かいところまで見えて嬉しかったです(*´∀`*)

例によってMCは語尾や言葉尻まで憶えてないんで、すべてニュアンスってことでお願いします。

【セトリ】
セトリは某所からいただいてきました^^;

01 幻燈機械
02 アローンアゲイン、ワンダフルワールド
03 パラノイア
-MC-
04 不純物
05 水色ガールフレンド
06 新曲
-MC-
07 新曲(バルーン)
08 新曲
-MC-
09 サンデー
10 睡眠薬
11 秘密のカーニバル
-MC-
12 Dolly
13 エレジー
14 メランコリック
-MC-
15 リプレイ
16 空中ブランコ

EN-1 「ぬけがら」
EN-2 藍より青く
EN-3 クローゼットチャイルド

【ステージセットなど】
開演前の注意みたいなアナウンス無しにいきなり客電が落ちて、
ステージに出てくるメンバーは白い幕越しにシルエットだけで見える状態。

メンバーが出た後だったか出ながらだったか、ステージにかかっている白い幕に
蝙蝠のアニメーション?(←見上げるような体勢になっちゃってよく見えなかったのが残念)
が映されて、最後に「ステレオ蝙蝠族」ってツアタイが出て本編スタート。

白い薄い幕がかかったまま1曲目「幻燈機械」。
ステージ後方で火が焚かれて、その炎が白い幕にメンバーのシルエットを
映し出す、っていう演出、のはず。(これもよく見えなかった)

真夏のツアーで火を焚くバンドがここにもいたか…(´Д`)
↑去年accessで散々熱い思いをした

幕の下りたまま、まるまる1曲終わって、2曲目「アローンアゲイン、ワンダフルワールド」。
この曲の最初のサビにダァーン!って入る前のタイミングで白い幕が振り落とされました。

幕が落ちて見えたステージセットは、左右にアンティーク調の蓄音機(の絵)が配置されてて、
中央には同じくアンティーク調の鏡のような横長の楕円形のモチーフが配されてました。

この楕円形の部分に、曲によっては色んな映像が映し出される仕組み。
2台の蓄音機の部分が「ステレオ」を表現してた事に気付いたのは
ライブ終わってホテルに戻ってからですけど(笑)。

ぶっちくんのドラムセットはまたスネア二つ、ベードラ2つを音色違いで使い分けてました。
でも春ツアーよりは横幅はスッキリしてたかな?

【衣装】
で、ここで衣装もやっと見えました。

竜太朗
・グレーの長袖で袖が膨らんでて、手首のあたりはゴムですぼめてあるようなカットソー
 (表現が下手でごめんなさい)
 ライブ途中かMCの最中に膨らんだ裾をバタバタさせて、蝙蝠みたいな仕草もしてましたv
・黒い小さなベスト?チョッキ?襟付きの。
・黒いカーディガン(これは途中で脱いだ)
・膝下丈のサロペット?紐の部分が黒い革紐を編み込んだ物で出来てて、
 裾がダメージ加工。デニム。
・膝下丈の黒ソックス
・黒ブーツ
・腕に黒い髪ゴムみたいなもの。白いガイコツみたいなビニール製の飾りがついてる。
 可愛い系。
・髪は所々濃い茶色のメッシュが。


・チェックのシャツ(赤ベースのタータンチェックで、胸元にU字型の装飾がある)
・ブラックデニム、裾のほうにチャックの飾りが沢山ついてる
・白いベルト(中央に黒いライン1本)、左腰に黒くてちょっとキラキラしたウォレットチェーン
・髪は黒い部分がだいぶ多いんですね、前髪も一部黒くてトップからの髪は
 金髪というよりはミルクティー色っぽく見えました(*´∀`*)

アキラはほっとんど見えませんでした;;
ぶっちくんは上に黒くて裾の長いベストを着てたのは憶えてるんだけど、
それ以外は憶えてないですすいませんm(__)m

【本編】
01 幻燈機械
02 アローンアゲイン、ワンダフルワールド
03 パラノイア

まで終わってMC。
竜「今日はみんなが知らない曲もやります」
みたいな事を言ったその舌の根も乾かぬうちに
竜「でも、不純物。」

04 不純物
05 水色ガールフレンド
06 新曲

ここで軽くMCがあって次の曲を「バルーン」と紹介したような。

07 新曲(バルーン)
08 新曲

新曲3曲はどれも軽めのポップな印象。
まあでも第一印象と聴きこんだ後の印象って全然変わるからあんまりアテにならないけど(笑)。

この辺のMCだったかな、またお天気ネタ(笑)。
竜「今日は晴れですか?」
客「晴れー!」
で、正さんが笑顔で拍手されたり。

正「オリンピックが始まったり、大阪ではサマソニもやってたり」
みたいなMCだったと思います♪

そして竜太朗が「○○とも○○とも全然関係ない曲やります、サンデー」
と言って「サンデー」へ。
これ何て言ってたんだか思いだせない!
「大阪ともお天気とも関係ない」とか何かそんな感じだったかなぁ・・・?

09 サンデー
10 睡眠薬
11 秘密のカーニバル

サンデーのときに後ろの楕円形のスクリーンに映ってた映像がすごく好きだった。
あれはまた見たいなー。JCBホールで見れるかなー♪

あと睡眠薬の時の映像は、小さな洋風の窓に蝙蝠がワサワサ飛んでる感じで、
こちらも凝ってました。

そのほかの曲で映像が流れるときは宇宙系の映像が多かったような。

12 Dolly
13 エレジー
14 メランコリック

竜太朗が「(ツアー初日だからか)全然喋れない」とか言って
アキラに喋らせて、でもアキラも結局ぐだぐだに。
明「大阪始まりのツアーって初め・・・て?今まであった?」
とかって客席に聞くんだけど、明確な答えが出てこなくて、という流れ(笑)。

グダグダっぷりにたろさんが「これはもう曲に行った方がいい流れだ!」
とか言い出すんだけど、アキラが「でももう(ライブ)終わっちゃうよ?」と(笑)。

竜「今日夜寝るときに何度も何度もリプレイしてください、リプレイ。」

15 リプレイ
16 空中ブランコ

本編最後の空中ブランコでは冒頭でもあった火を使った演出がふたたび。
ステージ上に8つ設置された、たいまつの様な装置に順次火がともって行きました。

確かずっと緑のベースを弾いてたスーリーが
この曲で黒いベースに持ち替えたんじゃなかったかな。
もし違ってたらごめんなさい。

【アンコール衣装】
全員族T!
でも竜太朗はだぼだぼ仕様、スーリーはピチピチ仕様(笑)。
スーリーが両手を挙げるたびにおなか丸見えうわーい!←
白いよ!
白すぎるよ腹!
輝いてるよ!
シャイニング腹!
↑執筆者故障中につき今しばらくお待ちください

ヘソは見えなかったってことはアレだよな。
ローライズのジーンズのウエスト部分より上、ヘソより下の領域が見えてたんだよな。
つまりアレだよな。
ギャランドゥの部分が見えてたわけだよな。

オイ何なんだあの毛一本も見当たらない光り輝くギャランドゥは!
↑そろそろ自重

「スーリーの絶対領域」って名づけさせてもらいますね。

あ、族Tはぶっちくんもピチピチ目な着こなしでウホッ!いい胸筋!って感じでした(*´∀`*)

で、竜太朗の足元はブーツとソックスを脱いでなななな生足と白いスニーカー?のような靴。
白くてスベスベな生足を誇示するようにお立ち台に立って歌うありむらもーーーーーーーーー!!!
↑ライブ後に書いたメモにそう書いてある

【アンコール曲前MC】
竜「8月にはシングルが出ます・・・あれ?今日って7月だよね?」
→客席&メンバードン引きおよびブーイング
竜「ええっ!?えっ?今8月?8月なの?いや、もう、ちょっと…(笑)(参った!みたいな仕草)」
正「今日の竜ちゃんはトランスしちゃってるね(笑)。」

いくら地下作業が長かったからってまさか有村さんの頭の中では7月で時が止まっていたとは…(笑)。

竜「それではトランスありむらがお送りするステージショッピングを…(笑)」

で、ステージ袖からツアーグッズを貼り付けてあるボードを持ったスタッフが2人出てきて
ステージショッピング開始!

【ステージショッピング】
竜「じゃー誰からがいいー?」
客「(それぞれ叫ぶ)」
竜「アキラはだめ、うちの最終兵器だから後で(笑)。」
客「(アキラ以外の名前をそれぞれ叫ぶ)」
竜「一万人の声も聞き分けられる耳で…ぶっちと聞こえました!」

◆蝙蝠シール(ステッカー)
ぶ「蝙蝠がにー、しー、ろー、やー、と、にーしーろーやーと、20匹ぐらい居るわけですよ。
 このシールを色んなところに貼ってください。湿布がはがれかけた時とかこのシールで止めたりね。」

ちょw湿布とか生々しすぎササブチさんwww

ぶ「これをあちこちに貼ればこの蝙蝠達も喜ぶことでしょう。」

◆アロマキャンドル 初夏のかほり…
ぶ「これ、ベルガモットっていうんだって!」
客「ああー。」
ぶ「あ、知ってんの?じゃ説明は要らないねw」

ぶ「このキャンドルに黒い縁取りがあるんだけどこれを”昆布”って言った人が居てね」
客「誰ー?」
ぶ「教えないw」
客「えー!」
ぶ「みんなで考えててください、考えてるほうが楽しいでしょ?(笑)」

ぶ「このキャンドルを、僕も今夜使おうと思います。」
客「ひゅー!」
ぶ「おまえら全員くまだまさしみたいだな!(笑)」

そして「バッチリー!」を忘れて終わろうとするぶっち。
そのことを竜太朗に耳打ちされて気付くぶっち。
商品説明の最後のほうをそっくりそのまま巻き戻し再生みたいにもう一回やって、
何事も無かったかのように「バッチリー!」の掛け合いをやってみたものの、
「俺だめだぁ~(笑)」とうなだれるぶっち(*´∀`*)

ぶっちくんが下手側からドラムセットに戻って、お次はたださん。

◆蝙蝠ストラップ(フィギュア付)
正「これ、フィギュアがついてるんですけど、これ誰だかわかる?」
客「アキラー!」
正「そう、巷で”包帯明”とか呼ばれている僕の描いたこのキャラクターが、今回コウモリとか
 吸血のイメージにピッタリなんじゃないかということで選ばれました!
 これ作る時にね、3面画とか描いて出来上がったんですよー。嬉しいなー。」
(ボードを持っているスタッフから何か言われる)
正「え、これ、今日売り切れなんだって!なぁんだー・・・(がっくりと肩を落とす)
 でも・・・きっとまた何処かで会えるさ!(笑顔)」

◆吸血タオル
正「これはー…(商品名に顔を近づけて見て)”吸血タオル”!?プッ!(笑)
 ブラッディータオルですね(笑)。」

で、吸血タオルも本日分ソールドアウトで客席からブーイング。

正「でも・・・きっとまた何処かで会えるさ!(笑顔)」

wwwwwww

続きまして太朗さん。

◆族T(Tシャツ)
竜「プラのグッズのデザインをやってもらってる変なメガネをかけた人・・・
 変なメガネをかけたゲイの人が・・・」
ごめん、この部分にウケすぎて何の話の流れで青さんの話が出てきたのか全然憶えてない(笑)。

竜「これも売り切れだそうですが、正くんの言葉を借りれば”きっと世界のどこかでまた会えるよ!”」
↑真似してるんだけど全然似てなくてワロタw

◆ミセス・サマータイム。(猫印)(扇子)
竜「これは篭って作業してる間に、落書きをしてるときに出来たんですけど…」
竜「これまた頭のネジがぶっ飛んでるヘアメイクさんと一緒に落書きしてて、この絵が出来て
 ”絵の具買ってきて!”って言って買ってきてもらって作りました。この色使いは俺的には
 結構勇気の居る配色だったんですけど…(パステル調の青黄ピンクってことでしょーか)」
竜「猫印が(小さいけど)赤でアクセントが効いてる(笑)。」

最後はもちろん最終兵器、アキラ(笑)。

◆蝙蝠袋(バッグ)
◆小銭族(小銭入れ)

明「他の3人がやってる間ちーっとも聞かないでずっと考えてました。
 で、今日はカメレオン俳優と呼ばれたこの俺が寸劇形式でやることにしました。」

確かに他の3人がやってるときうわのそらだったわこの人(笑)。
もしくは太朗さんに話しかけられてちょっと会話してたり。
あ、太朗さんは正さんがやってる時とかはステージ上手側前方であぐら掻いて見てました(笑)。

明「(どう見ても芸人がコントに入る寸前のような言い方で)楽屋。」

ここからアキラの一人二役でお送りします。
スタッフって書いてあるほうの台詞もアキラが言ってます(笑)。
ちなみにスタッフ役をやるときは右側を向いて立って、アキラ役をやるときは左側を向いて立つ
という手の込みよう(笑)。←向きはもしかしたら逆だったかもしれない

スタッフ「アキラさんアキラさんっ。今日、アキラさんに紹介していただくのは、この、
 蝙蝠袋と、小銭族ですっ!(なんか芝居がかった口調で)」
アキラ「おお、俺は何だってやるよ?どれでもいいよ?(割と普段のアキラっぽい口調で)」
スタッフ「あ、ありがとうございまっす!」
アキラ「でもこれはどうやって紹介しようかなー」
スタッフ「えっと、じゃあ、この小銭族にピックとか小銭とかを入れて、それを蝙蝠袋に
 入れちゃえば、2つ一遍に紹介できちゃいますよ!」
アキラ「おおー、そうか!じゃあそうするよ。」
スタッフ「はい!」
アキラ「後で打ち上げでビールおごってやるからな。」

って感じの、ゆるーい一人コントでした(笑)。

で、竜太朗がステージショッピングを〆ようとしたんだけど、
ボードを持ったスタッフ2人が退場しようとしている途中で客席から
「パンフは?」の声が多数あがって慌ててスタッフを呼び戻す(笑)。

ステージに戻ってくるスタッフがかけているサングラスを見た竜太朗が一言。

竜「それ楽屋に置いてあった俺と正くんのサングラスじゃん!(笑)」
正「あ、ほんとだ!何か見覚えがあると思った(笑)」
竜「俺が昨日アメ村で1000円で買ったやつ(笑)。」
客「かけてー!」
竜「かけません。こういうのは、楽屋から出るときとかにスッとかけるとカッコイイの。」

◆ステレオ蝙蝠族(パンフレット)
竜「今回パンフはうちらがいつも練習(だったかな?)してるスタジオで撮りました。
 スタジオの雰囲気がちょっとでも伝わればいいなーと思って。
 変わったメイクとかもしてるので、メイキャップアーティストを目指してる方も是非(笑)。」

で「バッチリー!」をやって、ここで本当にステージショッピングが終了!

【アンコール】

竜「今年も夏にこの曲をやれて嬉しいです。ぬけがら。」

EN-1 「ぬけがら」
EN-2 藍より青く
EN-3 クローゼットチャイルド

ぬけがらで夏の空気にぼんやり浸って、藍より青くで爽やかな気分になって、

竜「まだまだ遊べますかー?クローゼットチャイルド。」

ガッツリ首振って終了、みたいな(笑)。
なんかこのアンコールの流れは好きだった(笑)。

ライブから1週間以上経ってる割にはライブ直後に書いたメモのおかげで
それほどボロボロなレポにならずに済んだ気がします(;´Д`)

でもこの翌日の岡山のレポはほとんどスカスカになると思います(;´Д`)
空気薄かったせいかあんまり憶えてないんだよねー(笑)。
メモの枚数も大阪の1/3程度だし。

とゆーわけで岡山編はまた後日!
簡易レポもしくは感想中心にするかも!

 

匿名 さんからの投稿