Plastic Tree ステレオ蝙蝠族 JCBホール1日目 2008/9/6

Plastic Tree 2008夏ツアー「ステレオ蝙蝠族」
2008年9月6日(土) JCBホール
17:00/18:00 \4,800

大阪・岡山以来約1ヶ月ぶりにプラです。
第一バルコニー上手寄りで前方に視界を遮るものが無かったので
メンバー全員くまなく見えたし、演出もバッチリ見れました。

例によってMCは語尾や言葉尻まで憶えてないんで、
すべてニュアンスってことでお願いします。

そしてセトリも例によって某所からいただいてきました。
ステージセットなどは大阪と一緒でした。

【セトリ】
01 幻燈機械
02 May Day
03 パラノイア
-MC-
04 水色ガールフレンド
05 アローンアゲイン、ワンダフルワールド
06 Dummy Box
-MC-
07 バルーン
08 GEKKO OVERHEAD
-MC-
09 サンデー
10 秘密のカーニバル
-MC-
11 睡眠薬
12 Dolly
13 涙腺回路
14 メランコリック
-MC-
15 リプレイ
16 空中ブランコ

EN1-1 ぬけがら
EN1-2 クリーム

EN2-1 藍より青く
EN2-2 アブストラクトマイライフ

【衣装】
竜太朗
白っぽいブラウス?(裾がミニスカート並に長い)の上から黒っぽいカットソー?を
重ね着して、下は黒いパンツ…だったかな?
ブラウスは袖もかなり長くて、手の指先までスッポリ入ってしまうぐらいの長さ。
それが邪魔だってMCでもネタにしてました(笑)。
ライブ中もブラウスの袖を何とか手首側から肘の方に持って行こうとしてヒラヒラヒラヒラ
手を振って頑張ってて、なんだかしまいにゃ可哀想になってきました(笑)。


大阪と同じ、赤タータンチェックの半袖ブラウス。
このツアーでの正さんの衣装は赤タータンのブラウスと
黒地に白ドットのブラウスの2パターンだそーですが、
それってまんま今季のギャル服の流行じゃねーの?
って洋服屋さんに行くたびに思う、そんな2008年の秋です。
 ス ー リ ー は ギ ャ ル 。

【本編】
まずはオープニング!
大阪では幕に近すぎてオープニングのアニメーションが
全然見えなかったんだけど、あんな可愛い映像だったんだね。
木も蝙蝠も可愛かった。
蝙蝠の大群が集まってツアーロゴなんか出されたら、否が応にも期待が高まるし!

01 幻燈機械
02 May Day
03 パラノイア

今日は他のライブと日程が被ってて、
結構ギリギリまでどっちに行くか悩んでたんだけど、
幻燈機械のイントロで泣きそうになった時点で、
「ああ、今日プラ選んで良かった」って思った。
でも今日は太朗さんの調子があまり良くなさそうだったので、それだけは残念。

幻燈機械のイントロのシーケンスが終わって楽器隊の演奏が始まった瞬間、
白いスクリーンに宇宙の映像がバーンって流れ出してもう感動。
この演出も大阪では幕が近すぎて見れず、実質初見なので感動感動感動!!!

曲中は、たいまつの灯りだけでメンバーのシルエットをスクリーンに映し出すのかな、
って思ってたけど後ろからオレンジ色の照明も使ってるし、
スクリーンそのものにも映像を映してたんですね。

幻燈機械が終わって2曲目。
ステージを覆っていた白く薄い幕が落ちてぶっちくんが
「シャンシャンシャズドン」って叩いたから
(注:シャンシャンシャがシンバル、ズが高めのタム、ドンが低いタムね←わかんねーよ)
ナショナルキッドキタ━(゚∀゚)━!って思ったら、なんか違う・・・
そのままぶっちが何やら(たぶん)誤魔化してMay Dayのイントロへ!

で、改めてMay Dayキタ━(゚∀゚)━!!
いいんですか?
2曲目から跳んでいいんですか?(笑)

いきなりテンション上げられて、3曲目パラノイア。
中盤の、あの自問自答をするところの竜太朗がすごい。
右を向いていたかと思うと次の瞬間には左を向いている、
あの身体能力の高さがすごい。(そこかよ)

-MC-
04 水色ガールフレンド
05 アローンアゲイン、ワンダフルワールド
06 Dummy Box

さいしょのMC。
「やあ」とか「やあやあ」とかそんな感じだったとおもう。

今日の天気が晴れだというネタでちょっと正さんをいじって、
竜「晴れのち、水色ガールフレンド。」

水色ガールフレンドでは太朗さんのギターが全然聴こえなくて悶々としてました。

5曲目アローンアゲイン、ワンダフルワールドが終わって、
太朗さんが「しんきょくぅ~」と小さな声で呟いてから新曲「Dummy Box」。
ほうせんかがどうのって歌詞の曲。
このツアーで3曲やってる新曲たちの中では、この曲が一番好きだなー。

-MC-
07 バルーン
08 GEKKO OVERHEAD

バルーン前のMC。
竜「昔バンドのメンバーと後楽園に来て、高いところから落ちるアトラクションに乗って、
それが原因で高所恐怖症になりました。浮いたみたいになって。でも、浮いて行きたい
です、バルーン。」

バルーンは、後方スクリーンの映像を見てたら
果てしない宇宙空間をあてどなく彷徨っていく風船のイメージが湧いてきました。
でも何故かその風船は寂しそうじゃなくて、
どこか満たされた気持ちで漂っているような感じ。

-MC-
09 サンデー
10 秘密のカーニバル

MCは確か新曲いいでしょ?みたいなMC。
で、そのままニューアルバムの宣伝とかしてたかな?
よく憶えてないですこの辺;;

サンデーの映像は大阪で初めて見たときにすごく気に入って、
是非もう一度見たいと思っていたのでまた東京で見れて大満足です。
草原とか街中とか公園とか遊園地とかの映像なんだけどホントセンスいい。
日曜日が終わっちゃう切なさも感じられるし。

秘密のカーニバルのあたりで何かトラブルがあったのかな?
イントロでアキラがたださんのところまでダーッと走っていって
何か耳打ちして戻って行ってました。

そして確か曲中には正さんが勢い余って自分のマイクスタンドをぶっ倒して
マイクが床に激突する「ゴフッ」って音がスピーカーから会場に響き渡る(笑)。
ってここまで書いといて、このアクシデントこの曲じゃなかったかもしれないけど(笑)。

-MC-
11 睡眠薬
12 Dolly
13 涙腺回路
14 メランコリック

この辺のMCだったかなあ?
竜太朗が突然「正くんの蜂のように舞う華麗なステップ」とか何とか言い出して
何事かと思ったら次は「ぶっちの機関車のようなドラム!」
「アキラのなんとかかんとか!(聞き取れなかった)」とか言い出して、
最後に「俺がんばったよ、がんばって繋いだよ」とか言って(笑)。
何かトラブルがあったのかな、って思ったのは↑このMCのせいでした(笑)。

ちなみに「蜂のような華麗なステップ」とか言われたスーリーは「やめてよ!」とかゆって
超照れてましたwwwwwやべークソ可愛いwwwwww

っていうか「機関車のようなドラム」って全然意味わかんねw
それを言うなら「機関銃のようなドラム」じゃね?w
まあ有村さんの言葉が絶対だと思っているのでケチはつけません。←つけてるだろーが

睡眠薬では後ろのスクリーンに洋風の窓と窓の外を舞う蝙蝠とか、
あと時計のアニメーション。
これはそれほど好きではなかったなあ。

Dollyは、もうちょっと暴れ曲っぽく育って帰ってくるかなー、と思ってたけど
そうでもなかったですね。それともホールだからそう感じたのかな?

そして涙腺回路~メランコリックというホッとする流れ。

なんかこの辺の曲のアウトロのギターフレーズが
ものすごくトリッキーで好きだったんだけどどの曲だろう…
しかしアキラほどレスポールを使ってレスポールっぽくない音を出す男も珍しいよね。
その音なら別にレスポール使わなくても良くね?みたいな(笑)

-MC-
15 リプレイ
16 空中ブランコ

竜「明日が楽しみっていい事ですね、なんか上手く言えないですけど…
そんな風に思いました」

ここのMCだったか忘れたけど、9/24に出るアルバムの告知をしたとき。
竜「9月のにじゅう、(と言いながら左手の指を5本立てる)」
竜「(!?)←指の本数がおかしいことに気付く」
竜「にじゅう(指を2本立てる)、よっかに(指を4本立てる)アルバムが出ます。」

その斜め後ろには、右手の指を2本立てて左手の指を4本立てるたださん。
たださんかわいいよたださん。

リプレイは、太朗さんが終始音程フラット気味で、聴いてて辛かったです…
でも、後ろのスクリーンの映像がすごく良かった!
最初の「最終便の観覧車」って歌詞に観覧車の映像が重なった瞬間キュンと来た。
その後の映像は、パンフの写真かパンフ未公開ショットだと思います。
あの特殊メイクの感じとか…。
ってパンフ買えてないんですけどね。
やっぱパンフ買いたかったなー。

空中ブランコはベースのブリブリした音がカッコイイマジで。失禁した。

【アンコール衣装】
もちろん全員族T!

もちろんスーリーはピチピチ!
もちろんありむらだぼだぼ!
もちろんぶっちはムチムチ!
アキラ普通!

アンコ前MCの時に隙を見ては双眼鏡を覗き込んで
ぶっちの髪型を見てニヤニヤニヤニヤしてた気持ち悪い海月がわたしです。
変態ですいません。

いやだってあの髪型岡山で初めて見て鼻血吹いて、
後にぶっち斬りに載った写真を速攻携帯の待ち受けにしたもん私。(だから何)

あ、もちろんスーリーのスーパー腹チラタイムも双眼鏡で堪能しましたよ。
ほんと変態ですいません。

【アンコールその1】
あまりMCはせず煽るような感じでさっさと曲へ。
「夏のぬけがらが歌います」みたいな曲紹介からぬけがら。

EN1-1 ぬけがら
EN1-2 クリーム

アンコ2曲目のクリームはテンション上がった!(゚∀゚)
しかも曲途中で銀テ出るし!

しかしなんかアンコのクリームっていうとなんか美味しそうだね。
仙台の生どら焼き食べたい。
「サンデー」やら「アンコのクリーム」やら無駄に美味しそうなセトリだなおい。

【ダブルアンコ曲前MC】
で、ダブルアンコでメンバー出てきて、ここで比較的長いMC。

竜太朗が客席に「誰から行くー?」みたいな感じで訊いて、
確かアキラからだったかな?

アキラは「3段オチにする」とか言って頑張ってました(笑)。
最初に何かを言って、次に全然関係ない台詞「死にたくねえーー!!」
って言って、最後に客席に向かって「うるせぇーーー!!!!!」って
逆ギレして終わり(笑)。
そんなオチですかナカヤマさん(笑)。
でもナカヤマさんがやると何故か面白いのはどうしてなんだぜwwwww

で、次がぶっちくんだったかなー。
順番憶えてないです;;

ぶ「JCBホールは変わった作りですね。(楽屋が上にあって)俺たちさっきから
何度も行ったり来たりしてるんだけど、その度にすごい地下に潜って行って
“これ大江戸線みたいですねー”って(笑)。」

鉄ネタありがとうぶっち!
でもそのネタはもしかしたら遠征海月さん達には解り辛かったかもね;;
と、要らぬ心配をしながら聞いていました。

で、太朗さんから「長良川正!」と紹介されたたださんwwwww
「確かに字面は似てるけどね?」って笑ってましたw
ごめん私も「長良川」って看板見ると必ず「長谷川」に空目しますwwwww

たださんは本編のMCで、たろさんから「正くんから一言あるそうです」
って話を振られて「後楽園遊園地でキミと握手!」という一発MCをしてたのですが、
その話の続きとゆーか言い訳から(笑)。

正「あれをちゃんと説明すると、子供の頃見てたヒーローもののテレビ番組のCMで
“後楽園遊園地でキミと握手!”っていうのがあったんですよ。」
客「(キミじゃなくて僕!というツッコミ多数)」
正「(気付かない)」
竜「(マイクを口元に持ってきて、教えるべきか迷っているような素振り)」
正「(気付いて)え、僕?まあいいんですよ(笑)、話を前に進めましょう」
竜「先に進みましょうw」
正「それでね、バンドも戦隊モノに似てるんじゃないかと思って。メンバーみんなで
一致団結して、頑張って悪を倒す!みたいな。」
竜「(お客さんが)悪!?w」
客席爆笑
正「(慌てて)ち、ちがうよぉ~!」
竜「(メンバー全員赤い族T着てるから)全員レッドですね!(笑)」
客席爆笑
竜「全員主役ってことで(笑)」

で、さいごにたろうさん。
竜「ここは後楽園遊園地でいいんですよね?今後楽園って言わないんでしょ?」
客「(ラクーア!)」
竜「ん?まあ、なんでもいいです。後楽園です。昭和一桁ですから(笑)。
大正生まれです(笑)。」

ほんでわーわー煽ってダブルアンコへ。

【ダブルアンコ】
EN2-1 藍より青く
EN2-2 アブストラクトマイライフ

藍より青くは気持ちいいなあー!

「バラ線をくぐり抜けてロストデイズ」のところで、
下手のほうでバラ線をくぐりぬけるような仕草してた有村さんが印象的でした。

中盤のギターとボーカルだけになる所で太朗さんがマイクを客席に向けたので
みんなで大合唱、もう鳥肌鳥肌!!

アブストラクトに行く前には
「明日の分の何とかも(聞き取れず)使いきっちゃってください」みたいな煽り。

全部終わってメンバーがご挨拶みたいにしてるとき、
アキラが床に置かれた正くんのベースを見て
「楽器は大切にね!」
って東京電力のでんこちゃんバリの決めゼリフを吐いたんだけど、わたしは見てたよ!
スーリーはちゃんと演奏が終わってから、ベースを丁寧に丁寧に床に置いてたよ!

まあ、そんなんで何故かスーリーとアキラが2人して交互に客席に向かって
ペコリ、ペコリ、ってお辞儀してて可愛かった~(*´∀`*)

そしてぶっちと明がステージからハケたのち、ステージ中央でバッタリ出会った
太朗さんと正さんがガッシリとハグを。むほー。

【その他】
JCBホールは個人的には2度目でした。
初めて来たのはaccessのイベで。
その時はワンドリンク制じゃなかったんだけど、今回はワンドリンクありで。
で、ペットボトル飲料と引き換えたらJCBホールのネーム入り
カラビナペットボトルホルダーもらったけど、なんか安っぽい(´Д`)

まあ、Zeppに行くたびに増えるあのネックストラップよりは幾分マシだけどね(´Д`)

あと、新しいハコは冷房の効きがよくて嬉しいやら困るやらですね(笑)。
バルコニー席は天井の空調設備との距離が近いから、結構冷風が直撃でした。

匿名 さんからの投稿