Plastic Tree 2008/11/30 「ウツセミ」ライカ購入者特典 アコースティックライブ&トークイベント ラフォーレミュージアム原宿

ウツセミ ライカ購入者特典
Plastic Tree アコースティックライブ&トークイベント
2008/11/30 14:00/15:00 ラフォーレミュージアム原宿

【ステージセットなど】
開場は30分近く押したと思うんだけど、開演はほぼ時間どおり。

前説のビッグラックさん(コンビではなく1人の男性)が出てきてちょっと喋った後、上手からプラさん登場。下手からたださん、竜太朗、アキラの順にいつもどおりの位置に座って、ぶっちくんは竜太朗とアキラの真ん中ぐらいの後方でカホンの上に座ってました。

ステージ後方にはライカのロゴマークの大きな垂れ幕。
前説によると今日は800人ものお客さんが入ってるんだとか!

【衣装など】
衣装関連は、竜太朗のメガネに全部持って行かれた!最初に出てきた正くんが黒ぶちメガネで、後から出てきた竜太朗も黒ぶちメガネだったから、もう頭ん中半分混乱状態ですよ(笑)。
「なんで黒ぶちメガネふたりー!」って(笑)。竜太朗のメガネは正くんのより上下の幅が広いものでした。最近流行ってる、アラレちゃんぐらい大きいめがね。

太朗さんはメガネの奥に目が隠れてるせいか口元が強調されてて、口元ばかりに目が行っちゃいました。口かわいい…。髪のほうはちょっとボサ目のセットでした。昨日はストンと下に落ちるようなツヤ系のセットに見えたんだけど。太朗さん髪伸びてきましたねー。昨日も今日も右手首にはガイコツちゃんのヘアゴムをつけてました。

たださんはジーンズに黒いTシャツ、その上から5分丈ぐらいの黒かダークグレーのカーデガン、右薬指にアーマーリング。

[ad]

【アコースティックライブ】
01 37℃
02 アローンアゲイン、ワンダフルワールド
03 リプレイ
04 真っ赤な糸

例によってMCは語尾や言い回しまでは覚えてないのでニュアンスってことでお願いします。

出てきていきなりおしゃべり。
正「今日はよく晴れて…よかったですね。」
明「これ普通にライブできるぐらい(お客さん)入ってんじゃない?」
竜「ラフォーレはらずく(注:原宿)ですね。ラフォーレはらずくといえばKERAですよね。僕さっきKERAのストリートスナップに写ってきました。XXX番とかいう番号もらって。初めての経験です!」

ちょw何してるんすか有村さんw
まさかストリートスナップに写ってたから開場遅れたわけじゃないですよね?(笑)

竜「それで興奮して僕の熱が37℃ぐらいになりました、37℃。…あんまり上手い繋ぎじゃないですね(苦笑)」

みたいな感じで1曲目37℃。

前回(FC限定ライブで)アコースティックセットを見たときは、アコースティックだと一つ一つの言葉を丁寧に置くように歌ってる感じがして歌詞がより一層強く伝わってくるなあ、って思ったんだけど、今回はそれに加えてアコースティックだとすごくあたたかいな、っておもった。あたたかくてやさしい。特にカホンの音とアコースティックベースの音が本当にあたたかくて心地よかった。それに曲がどれもとても綺麗にきこえて素敵。ぶっちくんの生カホンは初めて聴いたけど、DVDで見るより低音も高音もしっかりしてて良かったです。

1曲目の37℃が終わって竜太朗が何やらガサゴソしながら
竜「(アキラに向かって)ピック無い?」
アキラもピック持ってなくて竜太朗再度ガサゴソ。
正「どうしたの?」
竜「ピックがない」
正「ちょっと待って、さっきの曲ピック無しで弾いてたの!?」←ナイス大ボケ
竜「いや、○○さんからもらったピックで弾いてたんだけどちょっと固くて」
正「ああ…なるほどね」
竜「あ、あった。」

竜「(客席からのがんばれーコールに)がんばります。アキラががんばります。ぶっちが頑張ります。正くんが頑張ります。」
明「あんま頑張るとロクなことになんないからやめとけ?(笑) ゆるく行っとけ?(笑)」

2曲目はAAWW。

確か2曲目が終わった後のおしゃべり。

(竜太朗がペットボトルをあけて水を飲み出す、正とぶっちも続いて水を飲む)
正「水でも飲みましょうかね」(←縁側でひなたぼっこしてるおじいちゃん風だった)

その後なんやかや話してから竜太朗が「僕はフォークで反戦を歌います」とか言い出してギターでマイナーコードをつま弾いて「♪平和が一番~」とか歌ってそれで終わり(笑)。

それを聞いたアキラが「それなら俺も出来るよ!」とか言い出してアコギでマイナーコードをつま弾いて「♪健康が一番~」て(笑)。

その後竜太朗は何やらアコギを色々弾いて「いや、一番悲しいコードって何かなあ、と思って」と。正くんが「Emじゃない?」とかマジレス。正くんがEmのコードを鳴らさないのを一瞬不思議に思ったっぽい竜太朗、すぐに気付いてスーリーのアコースティックベースを指差して「あ、それベースか。」そんなベーシストに竜太朗からムチャブリ、「では正くん、ベースで一番悲しい音をどうぞ!」正くんは「一番低い音かなあ?」とか言いながらフレットを押さえずに一番低い音を一音だけボーン、と。

竜「さすがですね」

ほかにも竜太朗は冗談で「♪例えば僕が~」ってギターをかき鳴らしながら歌いだそうとしてました(笑)。メンバーも笑ってたからあれは竜太朗の持ちネタなのか?(笑)

竜「ここで思いっきり煽ってみたりして」
客席「煽ってー」
明「煽った後困るの君たちだよ?うちらは煽っても(その後淡々と曲に行けばいいから)なんとかなるけど(笑)」
竜「じゃあ煽ってみようか?原宿ー、まだまだ遊んでくれますやら…」
客席「(笑)」
竜「リプレイー」

3曲目リプレイが終わった後のMC。

竜「じゃー今日の感想を一人ずつ…まずナカヤマアキラさん」
明「(何言ったか忘れましたすいません)」
竜「じゃあぶっち」
渕「いつもはドラムセットに囲まれてるけど、今日は周りに何もないので恥ずかしい。(意訳)」
竜「それでは次は有村竜太朗が。」
客席「(次は正くんだろうと思ってたので)えーっ?」
竜「え?(自分を指差しながら)有村竜太朗でいいんですよね?(笑)(感想は何を言ったのか忘れちゃいました)」
竜「じゃあリーダー長谷川正」
正「(何言ったか忘れちゃったけど、あまり自分の感想を言わずに切り上げてしまう)」
明「あんた、自分の感想言ってないじゃない(笑)」
正「(改めて感想を言う)」

竜「次の曲で最後です。」
客席「えーっ」
竜「アコースティックの曲を増やしてきました。届くといいです、真っ赤な糸。届くっていうのはおかしいかな?」
明「(何か言って、最後に曲紹介風に)真っ赤な糸。」
竜「いや、さっきそれ(曲紹介)したから(笑)。じゃあ全員に曲紹介してもらいましょう。ぶっち。」
渕「(なんかちょっとそれっぽい事を言って)真っ赤な…(笑)糸…(笑)」

照れてるんだか自分で言って笑っちゃってたぶちをかわいいをぶちを

正くんにも振られたんだけど、さっきも紹介したよ、って話しになって結局正くんによる曲紹介は無し。(私の脳内には正くんが真っ赤な糸を紹介した記憶はない…)

そしてアキラが最後の曲、4曲目の「真っ赤な糸」のイントロを弾き初めて3小節目ぐらいで

明「ごめんっ!間違えた!」
客席「(今の間違え方は)おいしい!」
竜「じゃあナカヤマアキラさんに曲紹介してもらいましょう(笑)。」
明「おいしくないんだよ、真っ赤な糸。」

真っ赤な糸は半音ぐらい下げて演奏していました。
スーリーには申し訳ないけど何故かアコースティックは竜太朗曲のほうが映えるなあ、って思っちゃった。

アコースティックライブが終わって一旦メンバーハケたんだけど、上手にハケなきゃいけないのに竜太朗が間違えて下手に行こうとして正くんとぶつかってて可愛かった(*´∀`*)

【トークイベント】

楽器を片付けてトーク用のセットに変える間は冒頭でも出てきたビッグラックさんが場繋ぎ。このビッグラックさん、以前千葉組がゲスト出演した竹原慎二さんのラジオ番組でサブパーソナリティーを勤めていた方だそうで、そのご縁で今回のイベントの司会を依頼されたのだとか。 道理でなんか聞いたことある名前だと思った。

ビッグラックさんは一足お先に12/24発売のDVDを見たんだそうで、「かなりプライベートなショットも収録されている」とおっしゃってました。そんな、かなりプライベートなとか言われたらクロちゃんとかクロちゃんとかクロちゃんとか見れるのかな、とか期待しちゃうじゃないですか!

トーク用のセットはステージ上に椅子4つ、丸テーブル2つ、それぞれの上にペットボトル入りの飲料が2本ずつ置かれてました。下手からたださんのペットボトルはブレンド茶っぽい濃いめの茶色、たろさんのペットボトルは緑茶飲料っぽい色、ぶっちくんのは透明だからおそらく水(酒じゃないことを祈る)、アキラのは光の加減なのか赤っぽく見えました。

4人が再入場して座ってトーク開始。まず司会の方が「2008年は激動の一年だったと思いますがどうでしたか?」みたいな質問をしてたださんから順に答えていく感じ。たださんが答えてる間、たろさんが上手側の虚空を見て挙動不審になってて客席は笑ってたんだけど、たださんの次に話を振られた太朗さん、案の定話を全く聞いてませんでした(笑)。次のぶっちくんも話聞いてなくて司会者に質問内容を聞いてたし(笑)。

次に、イベント参加者に事前に書いてもらった質問の紙の中から選抜された質問をメンバーにぶつけるコーナー。

質問の順番は覚えてないので順不同・抜けアリで

・ほかのメンバーに言いたいことはありますか?
明「言いたいことは普段からハッキリ言ってますから。っていうかここで言ったらメンバーの中で一番の権力者である俺がどうのこうの(←面白かったんだけど何言ったか忘れちゃった)」
渕「特にないですね」
竜「昨日遅刻してごめんなさい。」
正「みんな、今年も1年お疲れ様でした。」

アキラが「一番偉い俺が云々」って言ってる間、千葉組が2人揃って左耳に手をあてて「は?は?」みたいな
ジェスチャーやってて超かわいかったw

あと正くんの口調がメンバーをねぎらう言い方で、ああこの人こうやってバンドをまとめてんだろうなー、って思った。

・最近穴があったら入りたいと思ったことは?
明「まさに今ですね!だって…(客席に向かって)面白いか?(俺達)ただ座ってるだけだぞ?」
客席「面白いよー!」
明「ホントかよー、じゃあ今度から俺ら4人ずっと座ってるだけで(笑)。冬ツアーとか言って会場で座ってるだけなの(笑)。」
渕「いつもはドラムセットに囲まれてて、そこが自分の場所なのに、今日は周りに何もなくて恥ずかしくて、カホンの後ろの穴に入りたかった」
竜「FC旅行で函館に行った時に相当お酒に飲まれてしまいまして…全然覚えてないんですけど、翌日メンバーから色々聞くにつれ”あー、穴があったら入りたい…”って。」
正「ぼくは幸いなことに最近は無いですねー。あ、でもコンビニとか行って、レジで財布の中を見たらお金が足りなかった時とかは穴があったら入りたいですね。”あ…お金おろしてからまた来ます…”みたいな(笑)。」

太朗が「穴」「穴」って連呼するとなんか卑猥な感じがするのは何故だ。(それはわたしの心が歪んでいるからですね、わかります!)

カホンの後ろの穴といえば、ウツセミ初回盤のDVDでカホンの後ろの穴にマイクが突っ込まれてる映像が何回か映るじゃないですか、あれを見るたびに何か卑猥な物を見ているような錯覚に陥るんですよね。(自重しろ)

・ゴキブリが出たらどうしますか?
正「俺意外と平気なんですよ」
竜「ゴキブリはよろしくない物だと教えられて育ったんで…。あの、子供の頃学校から帰ってくるとお母さんが庭で焚き火をしてて、”どうしたの?”って訊いたら”ゴキブリが出たから燃やして、他のゴキブリが逃げるようにしてる”って。そういう風に教えられて育ったんで、まあゴキブリが夜寝てるときに顔を這ってても嫌なんで対処しますね。」
司会「なんかの儀式みたいですね(笑)」
渕「俺は田舎が北海道だから馴染みがなかったんですよ。で、初めてゴキブリを見たのが大阪で、その時は路上で見たからそんなに恐ろしさが分からなかったんですよ。で、東京に出てきて最初の頃ってバンドで共同生活してたんですけどそこで初めて室内でゴキブリとご対面して、ギャアアアアー!って叫びましたね。でその部屋を出て、”俺はゴキブリを見つけたから誰か殺してくれ”って(笑)。見つける担当と殺す担当と捨てる担当3人がかりで(笑)。」
明「ずいぶん今(ぶっちの話が)盛り上がってたね(笑)。じゃあ俺は手短に…。ゴキブリを見つけたら(近くにあったB5サイズぐらいの薄いスポンジを手に持って、それでゴキブリを掴み取る仕草をして)こうですね。(繰り返す)こう。こう。」

やばいアキラが漢らしくて惚れそうになったw

そして有村母のゴキブリ燃やす儀式…その母にしてその子有り、って感じですね(笑)。

・(たださんへ)今日のエモ度はどうでしたか?
正「今日はリハーサルでベースの弦を切っちゃったぐらいなんで、もうバリバリっす!」
竜「リハーサルで?」
正「うん。」
竜「ああ。」

・公園の遊具で好きなものは?
正「ジャングルジム」
竜「ブランコですかね」
渕「滑り台かな。長ければ長いほど良い。」
明「俺はあの…こうやってやるやつ。」
客席「うんていー」
明「そうそう、うんてい!あれ子供の頃出来なかったんだよね。今なら出来るかな、って。」

いやあの中山さん、今うんていをやったら確実に地面に足が着いちゃいますので。残念ながら。

最後に2009年に向けての意気込みを全員に聞いて終わり。
明「こういうアコースティックセットを普通のライブ(の長さ)でやってみたいですね。でもそのためにはみんなのアレ(賛同)が必要なんで。アコースティックを十何曲もやるのはヤダー!って人も居るかもしれないし」
客席「いいよー!」
明「じゃあ早速スタッフと相談を…(笑)」
渕「(何言ったか忘れちゃいましたごめんなさい)」
竜「バンドをがんばりたいですね」
正「今年はツアーが年をまたぐから、あまり年が変わる実感がないんですよね。ウツセミツアーが終わるまでは!って感じで。」

メンバーがハケる時、最後に竜太朗が客席に向かって唇の前に人差し指を立てて「シーッ!」ってやってるのに司会者が普通にマイクで話し始めちゃって、客席がみんなで司会者に向かって「シーッ!」って言っておかしかった(笑)。竜太朗は一言「また!」って。

最後に司会者の方が、今日のイベントの模様を撮影したものが今後のプラのCDリリース時に利用される旨をアナウンスして、イベント終了。

【感想など】
個人的にはアコースティック・プラ、全然アリなので是非またやって欲しいです。
あんなに綺麗な曲たちならアコースティックで十何曲聴いても飽きない自信があるし、
お金払ってでも喜んで聴きに行きますよ。

今までにアコースティックでやってきた曲以外にも竜太朗曲を中心にアコースティックが
似合いそうな曲、まだまだいっぱいあるし。

でもぶっちくん早速Blogに「手が痛い」って書いてるし、十何曲は無理なんじゃないかな(笑)。
FC限定ライブでは確かぶっちくんアコースティックセットの時もドラムセットに座って演奏してたよね?
あの形式でもいいからアコースティックは是非またやってほしい!
切にそう思いました。

昨日のイベントで体が温まって、今日のイベントで心が温まって
「あー、やっと生き返ったなー」
って感じでした。

なんとか次のプラさん(12/27渋公)まで元気に過ごせそうです(笑)。

匿名 さんからの投稿