2009/5/21 Plastic Tree FC限定ライブ@大阪BIG CAT

Plastic Treeファンクラブ限定ツアー「サヨナラ三角また来て四角」
2009/05/21(木) 心斎橋BIG CAT
18:00/19:00 \4,200

午前中仕事して午後から飛行機に乗って大阪まで行ってきました。
新型インフルエンザ流行真っ只中の大阪へ。

大阪公演が決行されるのか中止/延期されるのか気が気じゃなくて
週アタマから色々情報を集めてたんだけど、新型インフルエンザの
影響で公演を中止したアーティストが続発してたもんだから
プラさんは前日に決行宣言が発表されてたけど、それでも
結構ギリギリまで「本当にやるのかな」って不安でした。

大阪に着いてみたらちょうど感染拡大防止で学校も休校になってる週だったので
伊丹行の便もマスクだらけ、伊丹からのバスもマスクだらけで。

15:30の飛行機に乗って16:35伊丹着、
16:50のリムジンバスで17:20OCAT着。
17:45にはホテルの部屋に荷物を置いて、
17:50頃BIG CAT着。(すごい綱渡りなスケジュール!)

18時に開場して、またチケ・会員証・身分証明証の3点チェック。
今日は入り口でほんの申し訳程度のアルコール消毒スプレーを
手に噴射されました。

セトリは東京と同じだったかな、たぶん。
アンコールの時に竜太朗がドラムの人を「ケンケン」と紹介したので
今回からは「謎の人」じゃなく「ケンケン」と書きますね。

【本編】
東京でもそうだったと思うけど今回1曲目「ウツセミ」は楽器隊がステージに出てきて
アキラがMacを操作して「規則的な四拍子」のメトロノームを鳴らし始めて、
メトロノームが鳴ってる間に竜太朗がステージに出てくる、という段取りでした。

その1曲目「うつせみ」でケンケンさんとアキラがマスクしてて、
真面目な曲なのに思わず笑っちゃった(笑)。
ケンケンはガーゼマスクに黒いビニテでバッテンが書いてあって、
アキラのほうも黒ビニテで何か書いてあったみたいだけど残念ながら見えず。

太朗さんは最初のMC前に暗転したタイミングで黒いマスクをつけて
黒いマスクでMCを始めたんだけどすぐに「外していい?」って外しちゃってた。

あと、何太朗先輩もベーアンの上でマスク姿(笑)。

最初のMCでは新型インフルネタばっかりだったので2回目のMCで
竜「時事ネタにかまけて忘れてましたけど、やぁ~。」
客席「やぁ~」
竜「これ(挨拶)もそろそろどうかと思うんですけどね」

いやいや、その挨拶は守り続けて行ってください(笑)。

前半、「本日は晴天なり」の1番で歌詞を間違えて「ラット踏みつけ」って
歌いだしちゃった太朗さん、そこから即興作詞で
「ラット踏みつけ ピック手に持って」みたいに繋げてってました。
右手に黒いピックを持って、腕を前に伸ばして。
あーもう素敵すぎる!
何で即興でそんな素敵な繋げ方が出来るの!

中盤、「秘密のカーニバル」では歌詞の「東京」の部分が
「寂しく明けてゆく大阪の空が」に変わってました。

後半「空中ブランコ」のアウトロでは太朗さんが右手を前に伸ばして、
まるで何かに憑かれたかのようにピクピク痙攣させるパフォーマンスに
目が釘付けでした。

「Ghost」の途中の一旦演奏が止まるところでは、お立ち台に立った太朗さんを
アキラが下から笑顔で見上げていつ歌に入るのか探ってて、こちらまで思わず笑顔に。

そうそう、気付いたら太朗さんが黒いES335(たぶん)を使ってたんだけど
黒なんて前から使ってたっけ?東京では赤を使ってたし、黒っていうとカジノの
イメージしか無かったからびっくりしました。

本編最後の曲「アンドロメタモルフォーゼ」。
東京では「勢いはあるけど早すぎてちょっと…」って感じだったけど、
大阪でアキラがイントロのフレーズを弾き始めた瞬間に
「ああ、この勢いのあるアンドロメタモルフォーゼが
今のプラのアンドロメタモルフォーゼなんだな」って
やっと納得できました。

テンポだけじゃなくてベースラインも以前とは変わってたので、
新しいベースラインを耳で追いながら目ではスーリーの指を追いかけて
新しいアンドロメタモルフォーゼを聴いてました。

【アンコール】
アンコールの曲前MCでは大阪恒例ステージショッピング。
3種類出てたFC限定物販のうちTシャツとパスケースが売り切れだったから
バスタオルのみの紹介だったんだけど、そのバスタオルに赤子のように
包まれた猫印さん(マスク付き)がステージに登場。
竜太朗が左腕で猫印を抱っこして、バスタオルの肌触りはどうですか?
みたいに猫印にインタビューする形式でのステージショッピングでした(笑)。

左手に猫印、右手にマイクを持って両手塞がった太朗さんが
バスタオルを紹介するために足を使ってハイキック状態でバスタオルを
足で指し示してたのがすごかった。なんという身体能力。
(ただし今日も鼻水&咳)

ステージショッピングの間、スーリーが差し棒(先端がスプーンになってる)を持って
商品を指し示してたんだけど、スーリーが何かを指すたびにアキラが
「ポンッ」っていう和鼓の効果音を入れてて面白かった(笑)。
弦楽器隊の二人三脚って感じで(笑)。

そんなこんなで、例によって「バッチリー!」無しでステージショッピング終了(笑)。

あとはアンコ曲前MCでは客席からアキラへの髭コールが起こって、
客席「髭ー!」
明「うるせー!」
ってやりとりが何度もあって噴いたw

客席からの「アキラかっこいい」の声には
明「俺がカッコイイかどうかはありぽんが決めることだから。」
竜「ナカちゃんはいつでもカッコイイよ」
って

 お ま え ら 楽 屋 で や れ w w w

いや嘘ですごめんなさいステージでもっとやってください(腐女子でサーセン)

ありぽんありぽん4回ぐらい言ってましたからね。

 い い ぞ も っ と 言 え (腐

竜太朗の「メンバー紹介でもしましょうかね」の言葉から、
東京では無かったメンバー紹介。
ドラムを紹介する段階になって、静まり返って竜太朗の言葉を待つ客席。
どう紹介するか少し躊躇した感じの太朗さんの口から発せられた言葉は
「サポートのケンケンです」と。

ケンケンのこと少し書いておこう。
東京で譜面見ながら叩いてるようだったのでFCツアー3か所とも曲変更は
ないだろうな、っていう予想は当たってた。

東京でもたまに笑顔を見せてたけど、大阪ではそれがより顕著に感じられたなー。
メンバーもケンケンを気にかけて演奏している様子で、
そんなメンバーに応えてケンケンが度々笑顔を見せる、って感じ。

演奏自体は何の不安も感じさせないしっかりしたドラミング。

あとプラの音として違和感が無い。
細かいことは抜きにして、この「違和感が無い」ってのは
なかなか重要なんじゃないかと思う。

ドラムセットはシンプルで、ワンバスツータムツーフロア(フロアの数はたぶん)。
つや消しシルバーのボディだけど、奥のフロアタムだけはつやありシルバーだった。
シンバルの数も少なめ、シンバルの径がおそらくぶっちより小さいのか、
シンバルの残響音が短めな感じ。
個人的に嬉しいのは、スプラッシュシンバルをセット前面に配置してること。
スプラッシュの音が好きなので、叩く瞬間がよく見えるのは嬉しい。

話をアンコールに戻すと、アンコ前MCではその他に何太朗先輩について
竜「あそこで事切れてますが」みたいな発言がありつつ、
メランコリックとサイコガーデニングして終了。

いい感じに完全燃焼できました。

【その他】
後ろのほうとかどのくらいお客さん入ってたのか見れなかったけど、
ドリンクチケットの番号と実際のチケ番に50番近い乖離があったので、
もしかしたら新型インフルエンザの影響で結構な数の人がライブ来なかった
のかもしれないなー、と思いました。

メディアで「感染者の半径2m以内にある一定時間以上居た人が濃厚接触者」って
しきりに騒がれてた時期なので、ライブハウスの圧縮ゾーンだと半径2m以内に
何人ぐらいの人が居るのかなーとおもって計算してみたところ、
・半径2m=12.56平米
・1平米あたり6人と仮定(満員電車はこの人数で計算らしいです)
・12.56*6=75.36人!
もしライブハウスに感染者が居たら濃厚接触者が多過ぎワロタw

インフル騒動といえば泊まったホテルはガラガラだったにも関わらず、
「シングルが満室なので」と言われてツインルーム(角部屋)に通されました。
あれも絶対嘘だー。
きっとお客さん同士の接触を極力減らすために部屋を離して泊まらせたんでしょうね。
大浴場がわたし1人しか居なくて貸し切り状態だったのもインフルの影響かなー。

翌日は金曜日だったので6時起きして
OCATから7:00のバスに乗って7:30伊丹空港着。
8:00の飛行機に乗って9:15羽田着(5分遅れ)、
で10:30に会社に出社しました。

我ながらひどいスケジュールの2日間!\(^o^)/

でも幸い東京に戻ってきてからもインフルとか発症しなかったんでよかったです。
土日疲れて家にひきこもってた程度で済みました(笑)。

その後マスコミもあまりインフルについて騒がなくなっていったので、
一番HOTな時に大阪に行っちゃったなー、って感じでした。

匿名 さんからの投稿